1月の食べ物 七草粥

七草粥の由来とは?七草の種類と意味は?

更新日:

 

七草粥は良く聞きますし、毎年ではないですが食べてます。

でも本来何で新年に食べるんでしょう?

そもそもどうして食べるようになったんでしょう?

そんな七草粥の由来種類や意味について、まとめました。

スポンサーリンク

 

七草粥の由来

 

古来中国では正月の七日目を人の日(人日じんじつ)として、この日に七種類の野菜を入れた

温かい汁物を食べる習慣があり、これが日本に伝わったとされています。

 

中国では元日から6日までのそれぞれの日に動物をあてはめた占いをしていて、それぞれの日

にはその動物を殺さないようにしていました。

 

  • 1日 鶏 
  • 2日 狗(犬) 
  • 3日 羊 
  • 4日 猪 
  • 5日 牛 
  • 6日 馬 
  • 7日 人

 

そのため7日には、犯罪者に対する死刑は行わないことにしていたと言われています。

 

人日は五節句1番目の節句になります。

 

ちなみに五節句は奇数の月と重なる日を節句として定められています。

 

●1月7日 人日(じんじつ)の節句(七草の節句)

●3月3日 上巳(じょうし)の節句(桃の節句)

●5月5日 端午(たんご)の節句(菖蒲の節句)

●7月7日 七夕(しちせき)の節句(笹の節句)

●9月9日 重陽(ちょうよう)の節句(菊の節句)

 

 

七草粥を食べる理由

 

七草粥をなぜ食べるのかというと一つは「無病息災」です。

七草粥は邪気を払うとも言われていて邪気を払うことで病気にならないということですね。

 

そしてもう一つは「胃腸を休める」ためです。

どういうことかというと、お正月にはたくさんのご馳走を食べるので胃腸が活発に働いていま

す。

 

このお正月に働き過ぎた胃腸を優しくいたわって、休めてあげるためなんです。

スポンサーリンク

 

 

七草の種類と意味

 

 

 

七草は昔の呼び名で今は存在してない名前のものもありますが、その種類と意味について説明

していきます。

 

1.芹(セリ)

「競り合う」ように生えてることからその名が付きました。

その由来の通り縁起の良いものです。

 

2.薺(ナズナ)

ナズナはぺんぺん草とも呼ばれています。

ナズナの実は「なでて汚れをはらう」とされる縁起の良いものです。

 

3.御形(ゴギョウ)

朝鮮半島から伝わったとされるキク科の植物です。

仏の体「仏体」を表しています。

 

4.繁縷(ハコベラ)

ナデシコ科の植物で、ハコベとも呼ばれています。

中国では薬草としても使われていたもので、「繁栄がはびこる」として縁起の良いものです。

 

5.仏の座(ホトケノザ)

正式名をコオニタビラコ(小鬼田平子)というキク科の植物です。

名前を見ただけで良縁が訪れそうです。

 

6.菘(スズナ)

スズナの正式名は蕪(カブ)で、アブラナ科の植物です。

「神を呼ぶ鈴」として縁起物とされてきました。

 

7.蘿蔔(スズシロ)

スズシロは今の大根のことです。

「汚れのない純白さ」を表していています。

 

 

まとめ

 

・七草粥の由来は人日の節句に七種類の野菜を入れた粥を食べていたことにある。

・人日の節句は五節句の一つで1番目にあたる。

・七草を食べるのは無病息災と胃腸を休めるため。

・七草の種類はセリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ

 

風邪をひいて食欲がない時におかゆを食べることはありますが、それ以外ではあまり食べるこ

とがないですよね。

しかしこんなに深い意味が七草粥にあり、本当に体に優しく内側から元気にしてくれる優れも

のです。

今では七草がセットになって販売されていますので、手軽に食べれて便利ですね。

 

七草粥について他にも書いた記事があるのであわせてみてください。→ 七草粥まとめ記事!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-1月の食べ物, 七草粥

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.