生のらっきょうの食べ方は?下ごしらえはどうするの?

野菜果物関連

 

らっきょうは甘酢漬けや塩漬けなどで食べることが多いですが、では食べられないの?と思ってる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は生のらっきょうの食べ方下ごしらえの仕方についてまとめてみました。

[quads id=1]

 

 

生のらっきょうの食べ方

[st-mybox title=”生らっきょうの食べ方” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=””]
  • 和える
  • 焼く
  • 煮る
  • 揚げる
[/st-mybox]

和える

らっきょうを薄く切って酢味噌で和えるだけですぐに食べることができます。

薄くスライスせずに丸のままの方がカリコリとした食感が楽しめるので好きという方もいらっしゃいます。しっかりした味を楽しみたい方は味がよくしみるように2~3日してから食べるのもありですね。

 

焼く

そのままのらっきょうを焼いて軽く塩を振って食べるという実にシンプルな食べ方になります。

ただ焼くだけなのに旨味と甘みがにじみ出てきますし、ピーマンや玉ねぎなどと一緒に焼くとなお甘みが増しておいしくなります。食べ方も塩だけでなくお好みで味噌やポン酢などを付けてもいいのではないでしょうか。

[st-midasibox title=”あわせて読みたい” fontawesome=”” bordercolor=”” color=”” bgcolor=”” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold”]

らっきょうってどうなったら食べれないの?長持ちする保存方法は?

[/st-midasibox]

 

煮る

みそ煮でらっきょうを煮ると一緒に入れてる肉が柔らかくなり、食べやすくなります。らっきょう本来の食感を楽しみたい方はらっきょうの様子を見て早めに火を止めるといいですよ。

しっかり煮込むとらっきょうがらっきょうでないみたく柔らかくなりますので、違う食べ物に感じるかもしれませんね。

 

揚げる

らっきょうの天ぷらはさつま芋やピーマンなど他の野菜を一緒に揚げることで、十分おかずになります。カレーの付け合せのように常に脇役的な存在ですが、天ぷらにすることで主役になれるんです。

食べる時はシンプルに塩だけでもいいですし、天つゆにつけてもおいしいです。

[quads id=1]

 

 

らっきょうの下ごしらえは?

泥を落としてある洗いらっきょうもありますが、泥付の方が新鮮ですので選ぶ時は泥付がいいですよ。

  • らっきょうを水洗いして泥を落とします。
  • 芽と根を切り落とします。
  • 表面の薄皮を手で剥きます。
[st-mybox title=”注意ポイント” fontawesome=”fa-exclamation-circle” color=”#ef5350″ bordercolor=”#ef9a9a” bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=””]

食感をカリッとするために芽と根は浅めに切るようにします。

[/st-mybox]

 

 

生で食べた方がいいの?

本来、野菜は旬の物を様々な調理をしていただく方が良いのですが、最近ではサラダでしか野菜を取る習慣がない方もいらっしゃいます。しかしながらサラダで食べる野菜は夏が旬のものが多くそれらは体を冷やしてしまうという弱点があります。

その点らっきょうは生で食べると体を温めてくれてとても栄養価も高い野菜なのです。

「野菜界のスーパースター」

なんです。

サラダを食べる時は2~3粒のらっきょうを薄くスライスして食べると、少量でバランスよく栄養吸収できますのでおすすめです。

[st-midasibox title=”あわせて読みたい” fontawesome=”” bordercolor=”” color=”” bgcolor=”” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold”]

らっきょうってどんな栄養があるの?食べると何がいいの?

[/st-midasibox]

 

 

まとめ

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=””]

生のらっきょうの食べ方は和える・焼く・煮る・揚げる

生で食べた方が栄養を無駄なく吸収できる

らっきょうの下ごしらえの時根と芽は浅く切る

らっきょうは野菜界のスーパースター

[/st-mybox]

らっきょうは出回る時期が短いので保存食として食べれるように塩漬けなど漬けられることが多いですが、昔は薬として使われていたほど栄養価が高いものなので、できれば今回ご紹介した方法で生で食べてほしいですね。

[st-mybox title=”あわせて読みたい” fontawesome=”fa-file-text-o” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#fafafa” borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=””]

らっきょうの食べ方はどうしてますか?下ごしらえはここに注意!

[/st-mybox] [quads id=1]

コメント