中山競馬場で落馬事故!落馬した大塚海渡と三浦皇成は無事か?事故当時の様子やネットの反応は?

ニュース

1月5日に千葉県船橋市にある中山競馬場で第7レース中に落下事故があり、2人の騎手が巻き込まれ負傷しました。負傷したのは大塚海渡騎手と三浦皇成騎手とみられ負傷の度合いや事故当時の状況について調べました。

 

中山競馬場落馬事故の概要

中山競馬場で起きた落馬事故の概要は次の通りです。

1月5日、中山競馬場で行われた第7レース・4歳上1勝クラス(芝2000m)で、スズロザーナに騎乗した三浦皇成騎手、ラッキーアドバンスに騎乗した大塚海渡騎手が最後の直線で落馬、負傷した。

三浦皇成騎手は以後のレースで乗り替わりとなり、中山金杯のトリオンフはM.デムーロ騎手に変更となっている。

引用元:競馬のおはなし

 

大塚海渡騎手(19)=美浦・木村哲也厩舎=は5日、中山7R(4歳上1勝クラス、芝2000メートル)でラッキーアドバンス(牡6歳、美浦・勢司和浩厩舎)に騎乗した際、最後の直線で落馬した。

 この日はこの1鞍のみの騎乗だった。

 三浦皇成騎手(30)=美浦・鹿戸雄一厩舎=は5日、中山7R(4歳上1勝クラス、芝2000メートル)でスズロザーナ(牝4歳、美浦・高橋裕厩舎)に騎乗した際、最後の直線で他馬の影響を受けて落馬した。

 この日騎乗を予定していた8Rは石橋、9Rと11RはMデムーロ、10Rは津村、12Rはフォーリーに乗り替わりとなった。

引用元:スポーツ報知

  • 2020年1月5日午後の第7レース中に落馬事故が起きた。
  • 場所は千葉県船橋市の中山競馬場。
  • 最後の直線で最初に大塚海渡騎手が落馬。
  • そこに後から来た三浦皇成騎手が巻き込まれ落馬。

 

落馬した大塚騎手と三浦騎手は無事か?

大塚騎手は騎乗していた馬がひっくり返るほど転倒をしておりピクリとも動かず、うつぶせの状態で横たわり意識不明との情報があります。大塚騎手は頭部外傷、脳挫傷の疑いがあり、三浦騎手は左関節骨折の疑い、左橈骨(とうこつ)遠位端骨折の疑いと診断されました。落馬事故が起きたのが最後の直線で一番スピードがでる場所だったので落馬の影響もひどいものと思われます。

 

大塚海渡騎手と三浦皇成騎手のプロフィール

名前:大塚海渡(おおつかかいと)

年齢:19才

生年月日:2000年10月25日

出身地:茨城県

名前:三浦皇成(みうらこうせい)

年齢:30才

生年月日:1989年12月19日

出身地:東京都練馬区

配偶者:ほしのあき(タレント)

 

事故当時の様子やネットの反応

現地より。
三浦皇成騎手は落馬直後に座り込んでいる。後の検査の結果全てのレースが乗り替わりに。
しかし大塚海渡騎手は完全にうつ伏せになってしまった。
競馬初日からの事故に暗い気持ちになっている。
また馬の方は3、ラッキーアドバンスは左前が完全に折れしまっていた感じ。しかしそんな状態なのにゴール板まで歩いていた。

 

大塚のデビュー戦、発端はルメールだけど北村騎手が大怪我する直接の原因を作ったのは大塚だった。
あれから1年、周りが見えてないのは相変わらずみたいですね。

自分が怪我するだけならまだしも他の騎手や馬の命に関わる以上、
厳しいようだけどこういう騎乗を続けるなら免許剥奪したほうが良い。

三浦騎手の早い回復を願います。

 

快復出来る怪我であることを祈っており、それが前提ですが、大塚騎手の騎乗はいただけないものでした。ラフプレーで馬と自身を傷付け、先輩ジョッキーを巻き添えにする。どんなに下手に乗っても無事ゴールすれば、取り返すチャンスはあるだろうから、身の安全を一番に騎乗してもらいたい。

落馬前に大塚騎手が外へ外への寄せている。
それでもって前の馬につまづいて大塚騎手が落馬。三浦騎手は寄せられて狭くなった上に巻き込まれた。
両騎手の怪我は心配だけど、大塚くん下手すぎ。
確か北村宏騎手が大怪我した落馬の時も、横にいて外に開いてくれなかったよね。デビュー戦で仕方なかったけど、下手だなぁ。

 

はやくよくなってほしい!

しかし、大塚騎手のレベルは疑ってかからないと、益々騎乗事故が多くなる!

残念だけど、命かけてる仕事である以上、このレベルはあり得ない

ネットの反応を見る限りですとどうやら騎手になりたての大塚騎手の未熟さゆえの落馬事故に三浦騎手が巻き込まれてしまったようです。競走馬の体重は約500kgもありますので落馬して上にのしかかってこられたらひとたまりもありません。闘争心むき出しでレースの挑む姿勢はもちろん必要ですが、自分だけならまだしもライバル騎手まで巻き込むような下手な騎乗ならレース出場はまだ早すぎたのではないだろうか。

ニュース
シェアする

まる3ニュース

コメント