桃の保存方法や期間は?夏場はどうすればいいの?

野菜果物関連

 

は夏場に登場する果物ですので保存方法をどうしたらいいのか悩んだりしませんか?夏になるとなんでも冷蔵庫にしまってしまいますが桃の場合はどうなんでしょうね。そこで今回は桃の保存方法や期間、夏場の保存についてまとめてみました。

[quads id=1]

 

 

桃の保存方法や期間は?

桃の保存方法は3通りです。

  • 常温保存
  • 冷蔵保存
  • 冷凍保存

この中で本来もっとも適している桃の保存は常温保存です。

それは木になってる時と同じくらいの気温で保存することができますので、桃にとってストレスを感じないからなんです。

 

[st-kaiwa4]ではそれぞれの保存の仕方についてみていってみましょう![/st-kaiwa4]

 

常温保存

桃を常温で保存するときはそのまま置いてもいいのですが、できるだけ1個ずつ新聞紙で包んで置く方がよりいいです。それはなぜかというと桃を乾燥から守るためなんです。

ご存知のように桃はとてもデリケートな果物ですので、すぐに傷んでしまいます。それにうっかり手や物を桃に当てたりすることがあるかもしれませんので、そういうこともあって新聞紙で包むことをおすすめしています。

そして置く場所も気を付けていただきたいのですが、くれぐれも直射日光のあたるところやクーラーの風が直接当たるような場所には絶対に置かないで下さい。

涼しい冷暗所を選ぶようにしましょう。

常温での保存期間は2~3日になります。

[st-cmemo fontawesome=”fa-comments” iconcolor=”#F48FB1″ bgcolor=”#FCE4EC” color=”#000000″ iconsize=””]桃が固い場合は必ず常温保存してください。[/st-cmemo]

 

[st-card id=3750 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

 

冷蔵保存

桃の状態が柔らかい場合は冷蔵保存するほうが良いです。

その場合は常温保存同様、1個ずつサランラップに包むか少し空気を入れたビニール袋に入れて野菜室で保存するようにします。野菜室の方が温度が高いので桃にとって少しは優しくなるんです。

固い桃を冷蔵保存するのは好ましくありません。なぜかというと冷蔵庫の中では追熟しませんので固いまま桃が傷んでいってしまうからなんです。

冷蔵での保存期間は約1週間です。

[st-cmemo fontawesome=”fa-comments” iconcolor=”#F48FB1″ bgcolor=”#FCE4EC” color=”#000000″ iconsize=””]冷蔵保存ですと甘さが抜けていきますのでご注意ください。[/st-cmemo] [quads id=1]

 

冷凍保存

桃を冷凍保存するときは柔らかすぎた桃か、皮を剥いて食べきれなくなった場合になります。

切った桃の場合は切り口が茶色く変色することがありますので、保存する前にレモン水にくぐらせてキッチンペーパーなどで水気をしっかり切ってから保存するようにします。

フリーザーバックなどに入れてできるだけ重ならないように平らにして保存するようにしましょう。

冷凍での保存期間は約1ヶ月です。

[st-cmemo fontawesome=”fa-comments” iconcolor=”#F48FB1″ bgcolor=”#FCE4EC” color=”#000000″ iconsize=””]冷凍保存したものを食べる時はそのままでは食べれないので、スムージーやジュース・シャーベットで食べることになりmす。[/st-cmemo]

 

[st-card id=3675 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

 

 

夏場の保存はどうするの?

暑い夏には冷蔵庫に入れておいた方が安心できる気がしますが、先ほどご紹介しましたように基本的に桃は冷蔵保存には向いていません。

10℃以下の気温になると低温障害を起こしてしまい保存するはずが逆に傷めてしまうことになるからなんです。

[st-mybox title=”メモ” fontawesome=”fa-file-text-o” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#fafafa” borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

低温障害とは冷蔵保存に不向きな青果物を冷蔵した時に発生する障害のことで、表面が褐色の変色したり斑点がでたりするほか水っぽくなるなど品質が劣化することです。

[/st-mybox]

ですから夏場の暑い時でも常温保存することが望ましいです。

桃は完熟する少し手前で収穫します。それは収穫してから市場に出回るまでに時間がかかるからなんです。ちょうどいい状態で収穫してしまうとお客さんが購入した時には熟しすぎてしまってることになるからなんです。

買ってきてすぐでしたら割とまだ固い状態のことが多いので、常温で2~3日置いておくと柔らかくなってきますので、そうしたら食べる2時間前くらいに冷蔵庫で冷やすようにするといいですよ。

[quads id=1]

 

 

まとめ

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

桃の保存方法は3通り

  • 常温保存
  • 冷蔵保存
  • 例用保存

桃の保存でもっとも適しているのは常温保存

冷凍保存したものを食べる時はそのままでは食べれないので、ジュースやシャーベットで食べるのがよい

切った桃の変色を防ぐにはレモン汁にくぐらせると効果的

桃は熟す一歩手前で収穫している

[/st-mybox]

桃の保存方法はいくつかありましたが、一番いいのは常温保存なんですね。冷やし過ぎると冷たさだけが印象に残って甘味を感じられないということをそういえば経験していますよね。折角のおいしい桃ですので上手に保存してくださいね。

[st-card id=3909 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”] [quads id=1]

コメント