松茸 野菜

松茸の保存方法と保存期間は?冷凍した松茸の食べ方は?

更新日:

 

秋になったら松茸の出番ですね。すぐに使ってしまえば問題ないのですがあとで使おうとしたときに松茸の保存方法を知っていたら便利ですよね。さらに冷凍すると松茸はどうなるのでしょう?保存できる期間や使い方についてもまとめてみました。

スポンサーリンク

 

 

松茸の保存方法と保存期間は?

松茸の保存方法は3通りです。

  • 常温保存(保存期間2日程度)
  • 冷蔵保存(保存期間4日程度)
  • 冷凍保存(保存期間2~3ヶ月)

 

常温保存

松茸を常温保存するのはあまりおすすめできません。

それはとても傷みやすいからです。乾燥すればすぐにしなびれますし、湿気を吸うとぶよぶよになってしまい食感や味も悪くなり香りもなくなってしまうんです。

それでも常温保存する場合は新聞紙やキッチンペーパーで松茸を包んで、水分を外に逃がさず閉じ込めてしまうことが大事です。できるだけ鮮度を保つために高温と湿気をさけて風通しの良い冷暗所が一番適しています。

傷んでしまった松茸は食べると下痢や嘔吐の原因になりますので、注意して早めに食べるように心がけてくださいね。

 

冷蔵保存

 

冷蔵保存する場合には次の処理を施してからになります。というのも松茸は人工栽培されたものでなく自然の中で育ったものなので土やホコリに混じって細菌が付いていることがありますので、それらを取り除くために保存前に処理が必要になるんです。

  1. 軽く水洗いして表面の汚れを洗い流す
  2. キッチンペーパーなどで水分を拭き取る
  3. 石づき(根元の部分)を包丁でそぎ落とす(鉛筆を削る要領です)
  4. 新聞紙やキッチンペーパーに1本ずつ包む
  5. ジップロックやタッパに入れて密封し冷蔵庫に入れる

上記処理手順の①~③は下記動画の1分36秒~2分50秒を参考にしてください。

 

松茸はエノキやしめじのように菌を培養して作られたものではありませんので、菌が付いたままですと保存中に培養してしまうことになりますので、こうした処理が必要になります。

こうしたひと手間かかりますがそれによって少しは長く保存できますので、ぜひお試しください。

冷蔵庫では若干温度が高い野菜室がおすすめです。

味や食感、香りは日に日に落ちていきますのでご注意ください。

スポンサーリンク

 

冷凍保存

冷蔵保存よりもさらに長持ちさせようと思ったら冷凍保存になります。

冷凍の場合も冷蔵同様、処理をしてからになるのですが松茸をそのまま冷凍してしまうといざ使うときに使いづらくなりますので保存前にスライスしておく方がいいです。

  1. 軽く水洗いして表面の汚れを洗い流す
  2. キッチンペーパーなどで水分を拭き取る
  3. 石づき(根元の部分)を包丁でそぎ落とす(鉛筆を削る要領です)
  4. キッチンペーパーなどで水分を拭き取る
  5. 使いやすいようにスライスしておく
  6. 新聞紙やキッチンペーパーに平らな状態にして包む
  7. ジップロックやサランラップに入れて密封する
  8. アルミホイルに包んで冷凍庫に入れる

アルミホイルに包むことで熱伝導率がよくなるので急速冷凍ができるのと、臭いうつりを防ぐこともできますので一石二鳥というわけなんです。

松茸の旬の時期は?産地はどこがあるの?

  松茸はご存知のように高級食材です。年々数が少なくなっているといわれる松茸が旬を迎える時期になると誰もがわくわくしてきますが、松茸の旬や時期は産地によっても変わってきますので、今回は産地別 ...

続きを見る

 

冷凍した松茸の食べ方は?

冷凍した松茸は解凍せずにそのまま使うようにした方がいいですので、「土瓶蒸し」「茶碗蒸し」「お吸い物」などに向いています。焼き松茸のような料理には向いてませんのでできるだけ避けるのが良いです。

解凍せずに松茸を使用することで松茸の最大の魅力である香りを損なうことなく調理できますし、出汁のなかに溶けだした松茸の旨味も味あうことができるんです。

あとはお鍋に直接いれて食べるのもおいしく召し上がれていいですね。ぜひ試してみてください。

 

 

 

まとめ

松茸の保存方法は3つで常温・冷蔵・冷凍

保存期間は常温2日・冷蔵4日・冷凍2~3ヶ月

常温保存は傷みやすいのであまりおすすめできない

松茸は自生したものなので菌が付着してる場合があるので保存前に処理が必要

冷凍保存するときは解凍せずに使えるようにスライスして冷凍する

冷凍した松茸はお吸い物・土瓶蒸し・茶わん蒸し・お鍋に入れて食べるのがおすすめ

松茸は風味を損なわないためにもすぐに食べるのが一番良いのですが、そうできない時は冷蔵や冷凍保存をするようにしましょう。おいしい秋の味覚をたっぷり味わえるように効果的に保存してみてください。

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ

-松茸, 野菜

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.