鯉のぼり 5月のイベント

鯉のぼりの起源と由来は?こどもの日に飾るのはなぜ?

 

こどもの日が近づくと鯉のぼりがゆらゆらと気持ちよさそうに泳ぐ姿があちこちで見られるようになります。この鯉のぼりの起源由来ってなにかご存知ですか?また、なぜこどもの日に飾られているのかも疑問ですね。そこで今回はその疑問についてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

 

鯉のぼりの起源は?

鯉のぼりの起源は江戸時代の「旗指物(はたさしもの)」です。

その当時将軍家では端午の節句に邪気祓いと同時に男の子が誕生すると、そのお祝いもされていたんです。この時にのぼりも飾っていたんです。

この習慣が武家社会にも伝わり、家紋の書かれた旗指物を飾って男の子の誕生を祝うようになりました。さらに裕福な庶民にもこの風習が伝わり初めは武者絵などが描かれた「武者幟(のぼり)」だったのですが、そののち鯉の絵柄に変わったといわれています。

旗指物は家紋のみが入っており戦の時に自軍の目印としたもの

武者のぼりは武者絵や金太郎などが描かれていて旗指物が進化したもの

 

鯉のぼりの由来は?

鯉のぼりは中国の故事である「登竜門」に由来しています。

竜門という黄河の上流にある急流を見事に登りきった鯉だけが天に登る竜になるといわれていました。

 

また鯉は清流はもちろんですが、池でも沼でも生息することができるとても生命力の強い生き物であることも由来しているんです。

鯉のように強くたくましく成長していってほしいという願いが込められているのが、鯉のぼりというわけですね。

もともとはのぼり旗に描かれていたものが飾られていたのですが、現在のように鯉をかたどったものを飾るようになったのは明治時代以降です。

鯉のぼりを飾るのは日本だけの風習です。

スポンサーリンク

 

 

こどもの日に飾るのはなぜ?

鯉のぼりは端午の節句に飾ります。

この端午の節句は五節句の一つで邪気が入り込みやすい季節の変わり目だといわれていたため、菖蒲とヨモギを軒先に挿したり菖蒲酒をのんで厄災をしていました。そのため

端午の節句=菖蒲の節句

とも言われています。

江戸時代の武家が「菖蒲」と武道を重んじる「尚武」が似ていることから尚武=勝負となり男の子のお祝いをするようになりました。

端午の「端」ははじめを意味し、「午」は馬のことであるため毎月の最初の午の日を端午と言います。そして「午(ご)」=「五(ご)」となることや月と日が奇数で並び掛けると偶数(中国では偶数は縁起が悪く奇数は縁起が良い)になることと、旧暦で午は5月を意味するんです。

子・・・・・11月  

丑・・・・・12月

寅・・・・・ 1月

卯・・・・・ 2月

辰・・・・・ 3月

巳・・・・・ 4月

午・・・・・ 5月

未・・・・・ 6月

申・・・・・ 7月

酉・・・・・ 8月

戌・・・・・ 9月 

亥・・・・・10月

 

こうしたことから5月5日を端午の節句と呼ぶようになりました。

 

このようにもともとあった端午の節句にあわせて1948年に「こどもの人格を重んじこどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」という祝日としてこどもの日が定められたのです。

 

まとめ

鯉のぼりの起源は旗指物(はたさしもの)

鯉のぼりの由来は登竜門

現在の鯉のぼりの形になったのは明治時代以降

端午の節句のあとにこどもの日が制定された

筆者もこどもが小さいころ10年近く長さ4mもの大きなポールに鯉のぼりを飾っていました。風が強い日や雨の日は必ずおろすようにしていましたが結構大変でしたね。でも風にゆれて気持ちよさそうな鯉のぼりを眺めるだけで癒される感じがありました。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-鯉のぼり, 5月のイベント

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.