鯉のぼり 5月のイベント

鯉のぼりの吹き流しの色に意味があるの?

更新日:

 

鯉のぼりを見ると真鯉や緋鯉はわかるけどその上の吹き流しってなぜ飾ってあるんでしょうね。必要なんでしょうか?吹き流しはが付いていてひらひら風になびいていますが、この色にも意味があるのでしょうか?そんな疑問についてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

 

吹き流しの意味は?

吹き流しは「魔除け」と「神様を呼ぶ」という意味があります。

戦が絶えなかった時代に戦が終わって帰ってから、「このような災いが起きませんように」という願いを込めてのぼりと一緒に飾られていました。

昔は特にそうですが幼くして疫病などでなくなる子供が多かったので、そうならないように子供の健康を願ったのもあります。

そのため吹き流しは武家の家々で飾られていて鯉のぼりは民衆の家で飾られていました。

お殿様から命令されれば有無を言わず戦に行かなければならなかったんですもんね。

 

矢車と同じように吹き流しが風にヒラヒラとゆられることによって、神様に少しでも早く来ていただいて邪気を祓い、子供を守ってもらえるように。という意味もあるんです。

 

スポンサーリンク

 

吹き流しの色の意味は?

吹き流しの色は万物のすべてを表しています。

吹き流しには青・赤・黄・白・黒の5色が使われていて、

青・・・木

赤・・・火

黄・・・土

白・・・金

黒・・・水

を表しています。

これは中国古来の思想である「陰陽五行説」に由来しているんです。これら五つの元素が相互に助け合ったり、打ち消すことによってすべての物事が循環しているという考え方なのです。

また五行説には色だけでなく、方角や季節、人体の部位などもあてはめられています。

 
象意 樹木 太陽やあかり 大地 鉱物 海や川
季節 土用
部位 肝臓 心臓 脾臓 肺臓 腎臓
方角 中央 西

 

陰陽五行説はじゃんけんに似てませんか?なぜかっていうと最強のものがないことです。

グーはチョキに勝ち、チョキはパーに勝ち、パーはグーに勝ちます。これと同じように水を吸って気が育ち、木を燃やして火になります。火は燃え尽きると土になり、土の中から金属が生じます。金属は溶けると水に戻るんです。それぞれがいずれかをカバーし合っているんですね。

つまり相互扶助によって影響し合い世界がバランスよくかつ、うまく回っているということなんです。

 

 

まとめ

吹き流しの意味は魔除けと神様を呼ぶ目印。

吹き流しの色は5色。

吹き流しの色は陰陽五行説に由来。

陰陽五行説には秀でて強いものはない。

吹き流しは単なる鯉のぼりの飾りだと思っていました。こんなに深い意味があるなんて思いもしなかったですね。鯉のぼりは日本だけの伝統文化ですが、込められている意味は中国の思想に由来していたんですね。子供にもぜひこの知識を知っていただきたいですね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-鯉のぼり, 5月のイベント

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.