とまと 野菜

暑い夏をトマトで乗り切りろう!!

トマトは体に良いのか?

今年の夏はひときわ暑さが厳しいですね。
夏は色に例えると何色だとあなたは思いますか?

僕は焼け付くような太陽と同じ「赤色」だと感じています。赤くて夏の食べ物と言ったら何を思い浮かべますか?僕が一番に思いつくのは「トマト」ですね。

「赤い食べ物は健康に良い!」
と言われアンチエイジングににもその効果が表れつつあるようです。ここではトマトに含まれる栄養成分、食べることによってどのように体を元気にしてくれるのか。トマトの様々な食べ方(料理の仕方)そういった内容を書き綴ってみました。

トマトの栄養と体調の関係についてはこちらです。

スポンサーリンク

トマトに含まれる栄養成分は?

・リコピン

リコピンはカロテノイドの一つで赤やオレンジ色の色素成分です。カロテノイドの仲間には他にβカロチンがあり、ほうれん草やニンジン、パセリに多く含まれています。

カロテノイドには強い抗酸化作用があることが知られるようになり、注目されてきています。カロテンの中でも特にリコピンは強い抗酸化作用を持つと知られてきています。

・リコピンの効能

リコピンが持つ抗酸化作用とは、特に女性に嬉しいアンチエイジングで私たちの細胞の酸化を抑制してくれるものとして期待されています。

老化やがん、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす原因が体の酸化によるものなんです。

細胞の酸化を防ぐための抗酸化作用を持つトマトに含まれるリコピンはβカロテンの2倍、ビタミンEの100倍あると言われています。

夏の暑さによるだるさや日焼けした肌のダメージを軽減してくれる優れものです。

 

・ビタミンC

ビタミンCもリコピン同様、抗酸化作用があります。美肌効果やストレス予防、動脈硬化を抑制する働きがある栄養素です。体内では合成ができないため、食事から摂取する必要があります。ビタミンが不足すると健康の維持、成長や発育に支障をきたします。

・ビタミンCの効能

免疫機能を高めメラニンの生成を抑制してくれます。ストレスを低減させるホルモンの生成を促進してくれる働きまでも期待できます。

スポンサーリンク

・カリウム

トマトにはカリウムが100g中210μgと豊富に含まれています。カリウムは体内の余分な水分と塩分を排出してくれます。そのためむくみを改善したり高血圧の予防に役立ちます。

・カリウムの効能

血中塩分濃度を下げることで高血圧を防ぐ働きがあり、尿の排出を促すことでむくみ予防の効果もあるんです。

ファストフードやインスタント食品は手軽に食べれる便利な食品ですが、塩分濃度も高いので注意が必要です。

 

・トマトの栄養を十分取るならジュースがおすすめ

トマトが栄養豊富なのはわかるけどそんなにたくさん食べれないよ。という方にはトマトジュースがおすすめです。

トマトジュースには当然ながらトマトが原料になってますので、生のトマトと同じ栄養成分を吸収できますし生のトマトよりもそのスピードは早いんです。

またいつ飲んだほうがいいのか?という疑問が浮かぶかと思いますが飲むなら朝がベストです。朝の方がよりリコピンの吸収がいいんです。

 

 

効果的なトマトの食べ方

ここまでの説明でトマトが、素晴らしい野菜だということがお分かりいただけたのではないかと思います。では日常生活においてより効果的に摂りいれるにはどうすればよいのでしょうね。お勧めのトマトの摂取方法一つ目は「加熱」です。

加熱することによって細胞が壊れ、リコピンを体内に吸収しやすくなるというメリットがあります。また、水分が抜けることで体積も減ります。

生でトマトを2個食べようと思ったら大変ですが、火を通してトマトソースにする、トマトステーキにしてしまうという工夫をするだけで食べれる量がぐっと増えますよ。

トマトの赤を形成している健康要素「リコピン」。このリコピン実は油にとっても溶けやすい性質を持っているんです。

つまり油と一緒に調理すると、体内にしっかりとリコピンを吸収できるということなんです。

同じ量を食べるなら、吸収されやすいほうがいいに決まってますよね。
生で食べるならオリーブオイルやココナッツオイルなどの身体にいいオイルをかけたり、ドレッシングの中に刻んだトマトを入れたりするといいですね。もちろん油で炒めるのもいいですね。

 

まとめ

・トマトはアンチエイジングにも良い影響がある
・トマトの成分リコピン強い抗酸化作用を持つ
・トマトの栄養を十分摂るなジュースがおすすめ
・効果的な食べ方は加熱
・リコピンは油に溶けやすい

夏の暑い時は食欲が落ち気味になり、それが体の不調の原因だったりしますよね。
トマトはこれまで述べたように栄養もあり、水分もたっぷり含まれています。ちょっとした工夫をすることで、たくさん食べることができますね。加熱することでよりトマトの栄養が吸収されやすいというのは、ちょっと意外でしたが。「冷やしてよし」・「温めてよし」・「生で食べてよし」・「ジュースで飲んでよし。」と4拍子揃っています。
ぜひとも積極的に食べていただきたいものです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-とまと, 野菜
-

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.