感染症で死亡したタイ海軍兵の顔画像や名前は?洞窟のサッカー少年救出事件!

ニュース

タイチェンライで2018年7月に洞窟に閉じ込められて出られなくなったサッカー少年13人救出活動に加わったタイ海軍兵士が感染症によりなくなりました。

この勇敢な海軍兵士の顔画像と名前や経歴について調べました。

 

タイ海軍兵士死亡の報道内容は?

タイ海軍兵士死亡の報道内容は次の通りです。

タイで洞窟に閉じ込められた少年ら13人の救出活動中に感染症を患い、治療を受けていたダイバーが死亡しました。

去年、タイ北部チェンライ県の洞窟にサッカーチームの少年12人とコーチ1人が閉じ込められました。救出活動は難航しましたが、18日目に13人全員が助け出されました。タイ海軍の特殊部隊の男性兵士(29)はダイバーとして救出活動にあたっていた際、感染症を患いました。治療は1年以上続けられましたが、今月27日に病状が悪化し、細菌感染による敗血症で死亡したということです。救出活動に伴う犠牲者はこれで2人になりました。もう1人は元タイ海軍の特殊部隊の別のダイバーで、空気ボンベを運ぶ途中に意識を失って死亡しています。

引用元:テレビ朝日系(ANN)

タイ洞窟閉じ込め事故概要

  • 2018年6月23日25歳のサッカーコーチを含む子供13人が大雨で増水した洞窟からでられなくなる。
  • タイ内外から90人のダイバーが集められ捜索に当たる。
  • 英国人ダイバー2人により7月2日に発見される。
  • 7月8日から3日連続の救出作戦敢行。
  • 8日に最初の4人、9日に4人、10日に残る5人が無事救出される。

 

死亡したタイ海軍兵士の顔画像や名前は?

タイ海軍兵士の顔画像

引用元:ANNnewsCH

 

名前;ベイルート・パクバラ

年齢:29歳

死亡原因:敗血症

救出活動中に感染症にかかり、1年以上治療を続けていましたが病状が悪化し細菌感染による敗血症にかかりなくなりました。

 

タイ洞窟閉じ込め事故の場所は?

タイのチェンライにあるタムルアン洞窟です。

 

実はもう一人死亡者がいました!

ベイルート・パクバラさんよりも前に救出作業に関わり亡くなった方がいました。元タイ海軍の特殊部隊の別のダイバーで、空気ボンベを運ぶ途中に意識を失い亡くなっています。

自らの危険を顧みず懸命に救出作業に当たられた方々には本当に頭が下がります。

 

ニュース
シェアする

まる3ニュース

コメント