1月の食べ物 鏡餅

鏡餅の由来と意味は?

 

お正月に飾る鏡餅ですが、案外その由来意味は知らないのではないでしょうか?

実は鏡餅にはとっても深い意味があり、日本人の純粋な心の象徴として行われている素晴らしい儀式だったんです。

そんな鏡餅の由来や意味についてまとめました。

スポンサーリンク

鏡餅の由来

 

鏡餅について「名前」「形」「2段重ね」と分けてその謎をひも解いてみましょう!

 

名前・形の由来

 

鏡説

今の鏡は四角いものが多いですが、昔の鏡は丸いもの が多かったんです。

それで鏡に見立てて鏡餅という名前になりました。

 

蛇説

鏡餅の丸い形は、蛇がトグロをまいているようにも見えると言われています。

蛇のことを昔は、カガやカガシと呼んでいて、鏡餅カガミモチとカタカナにすると

なんか似てますよね。

 

満月説

鏡餅は満月を表してその形になったとも言われています。

満月はどこも欠けてないので、とてもおめでたく幸福の象徴

もてはやされていたからだという説もあるようです。

 

昔の鏡が丸かったからというのはわかったけど、それだけだと鏡という名前が付いたのか

まだしっくりいきませんよね。

 

神社の中に鏡があるのをご存知ですか?

 

なぜ神社に鏡があるのかというと、鏡には神様が宿られると言われているからなんです。

つまり鏡は神様の依代(よりしろ)になるんですね。

依代とは神霊が依り憑く対象物のことをさします。

 

こういったことが鏡と言われるゆえんになってます。

 

お餅は何で飾るのでしょうね?

昔から米には、人間の生命力を強化する霊力があると考えられてきました。

 

その米を固めてできた餅には、この霊力がギュッ凝縮されているのでとても神聖なものとして神様へのお供えには餅が使われていたからなんです。

スポンサーリンク

なぜ2段重ねなんでしょう?

 

丸い形は円満を表しているため、2段重ねることで「重ねる=かさねがさね」

とも言われ、円満に年を重ねるとか福徳を重ねるなどと言われています。

 

また「陰と陽」「月と太陽」を表しているとも言います。

 

これは表裏一体の考え方で、相反する2つのものによってこの世界は成り立っているということです。

 

お正月に飾るのはなぜ?

鏡餅は歳神様へのお供えんです。

 

お正月は歳神様をお迎えするお祀りになります。

 

歳神様はお正月に各家庭に現れて幸せをもたらす神様だと言われています。

 

昔からご先祖の霊が田んぼや山の神となり、新年に歳神となって現れて子孫に繁栄をもたらしてくれると信じられてきました。

五穀豊穣・無病息災・家庭円満そういったすべての願いが歳神様によってもたらされるものという考え方だったんでしょうね。

 

それで新しく穫れたお米で餅をつき、家をきれいにし、歳神様の依代としてお正月に鏡餅をお供えするようになったんです。

 

まとめ

 

・鏡餅の名前は鏡に由来している。

・丸い形は円満を意味している。

・2段重ねは福徳を重ねるという意味。

・鏡餅は歳神様へのお供え。

・お正月は幸運をもたらす儀式。

 

お米は今ではどこの家庭にもある当たり前の食材です。

しかし昔はとても貴重な主食でした。

モノ余りの今の時代の中で食べ物になかなか感謝する機会が少なくなっています。

鏡餅は神聖な食べ物であり、歳神様へのお供えなのだとお正月には感謝して楽しく徳を積みた

いですね。

 

鏡餅に関して他にも書いた記事があるのであわせてみてください。→ 鏡餅のまとめ記事

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-1月の食べ物, 鏡餅

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.