かぼちゃ 野菜

かぼちゃの保存方法と保存期間は?日持ちさせるコツは?

更新日:

 

かぼちゃ保存方法で悩んだことはありませんか?丸のままだったり、切ったものだったり、または料理したものだったりできるなら良い状態で保存しておきたいですよね。そこで今回はかぼちゃの保存方法と日持ちさせるためのコツについてまとめました。

スポンサーリンク

 

 

かぼちゃの保存方法と保存期間は?

かぼちゃの保存方法は3通りです。

  • 常温保存
  • 冷蔵保存
  • 冷凍保存

ではそれぞれの保存方法と保存期間についてみていくことにしましょう。

常温保存

丸のままのかぼちゃは常温保存がおすすめです。その際はツルがついていたほうを下向きにして冷暗所で保存するようにします。

保存場所の温度は10℃~13℃が適温になります。

かぼちゃは追熟しますので保存することでデンプンが糖分に変わり甘みが増していきますので、よりいっそうおいしく食べることができるんです。

常温保存での保存期間は約1ケ月~2ケ月です。かぼちゃが若い(ツルの部分が青い)ものだと長く保存がききます。

かぼちゃの旬や季節は?原産地はどこなの?

  かぼちゃは年中売られていますが本来の旬の季節はいつなのでしょう。できるならおいしい旬の時期に食べたいですよね。また原産地は意外な国だったのでびっくりしました。 スポンサーリンク &nbs ...

続きを見る

 

冷蔵保存

切ってあるかぼちゃの保存には冷蔵保存がおすすめです。普段かぼちゃを買われるときも切ってあるものが多いと思いますので、冷蔵保存をするようにします。

切ってあるかぼちゃの場合は中の種とワタをしっかり取り除いてカットしてあるところが乾燥しないようにしっかりとラップをかけてあまり温度が低くない野菜室で保存します。

冷蔵保存での保存期間は約1週間です。

 

冷凍保存

長期間かぼちゃを使う予定がない場合や料理したいときにすぐに取り出して使えるようにしておきたい場合は冷凍保存がおすすめです。

生のまま冷凍する場合はブロック状またはスライスしたものを小分けにして、ジップロックなどの密閉できる袋に入れてしっかり空気を抜いてから冷凍します。

加熱してから冷凍する場合は切ったかぼちゃを電子レンジで数分加熱してやわらかくなったら取り出して熱を冷ましてからジップロックなどに小分けにしてしっかり空気を抜いてから冷凍します。

このように小分けにして冷凍しておくとすぐに使えて便利ですね。いずれの場合も種やワタは取り除いておくようにしましょう。

冷凍保存での保存期間は約1ケ月です。

スポンサーリンク

 

 

かぼちゃを日持ちさせるコツは?

かぼちゃを日持ちはちょっとしたことで違ってきます。

  • 種とワタを取り除く
  • 若いかぼちゃを選ぶ
  • 加熱してから保存する
  • 水分をしっかりふき取る

切ってあるかぼちゃは必ず種とワタを取り除いてから保存するようにします。かぼちゃはこの種とワタから早く傷んでいき、油断してるとすぐにカビが生えてきます。

取り除けば問題ないのですがそれだったら保存する前に取っておいたほうがいいですね。スプーンですくい取れば簡単ですので、ぜひそうしてください。

購入するときに日持ちしそうなものを選ぶことも重要です。これは丸のまま保存するときに大事になります。

へタの部分が青々していて、かぼちゃの表面が明るい緑色をしているものは若いのでまだ中身が完熟していなくて日持ちします。

加熱してから保存すると日持ちします。これは加熱することでかぼちゃの成長が止まってしまうことと中の水分が飛ぶからです。また加熱してからですとカットしやすくなるのも利点です。

水分をしっかりふき取ると日持ちします。やはり水分を多く含んでいるとかぼちゃよりも先に水分が悪くなりそれがかぼちゃに伝染していきます。

完熟したものをすぐに食べれれば一番良いのですが、そうもいかないときにはこうした点に注意していただいて日持ちさせるようにしてください。

かぼちゃの栄養成分は?効果や効能も多いが食べ過ぎはよくない?

  かぼちゃは保存することで甘味が増すこともあり昔は冬場の野菜が少ない時の貴重な栄養の源だったんです。ではそんなかぼちゃにはどんな栄養成分があり、それによってもたらされる効果や効能はなんなの ...

続きを見る

 

 

まとめ

かぼちゃの保存方法は3通りで常温・冷蔵・冷凍

丸のままは常温保存がよく適温は10℃~13℃、切ったものは冷蔵または冷凍保存が良い

かぼちゃを日持ちさせるには種とワタを取り除いてから保存する

若いかぼちゃ(ヘタが青々していて表面が明るい緑色)は日持ちする

水分はできるだけふき取ってから保存すると日持ちする

かぼちゃは丸のままで買われることはあまりないと思いますので、保存するのは冷蔵か冷凍が多いと思います。切ったものは傷むのも早いので油断せずに時々確認するようにしたほうが良いですよ。今回の記事が参考になればうれしいです。

かぼちゃの種類や栄養・旬の季節などのまとめ記事!

  かぼちゃは保存がききますし栄養も満点なんです。そんなかぼちゃにはどんな種類や栄養があって旬の季節はいつなのか?そんなかぼちゃについてのことがたくさんわかりますよ。 スポンサーリンク &n ...

続きを見る

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-かぼちゃ, 野菜

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.