今村哲大「卑猥教師」の生い立ちがやばい?教室にひそむ悪魔か!

ニュース

現役の高校教師が教え子の女子高校生の太ももをつかんだとして逮捕されました。逮捕された今村哲大とはどんな男なのかや生い立ちについて調べました。

 

事件の概要

千葉県内の県立高校の44歳の教員の男が、去年10月、教え子の女子高校生2人の太ももをつかんだとして、暴行の疑いで警察に逮捕されました。

逮捕されたのは、県立高校の教員で東金市に住む今村哲大容疑者(44)です。
警察によりますと今村教員は去年10月、県立高校の教室内で、授業中に教え子の15歳の女子高生2人の太ももをつかんだとして、暴行の疑いが持たれています。
警察は捜査に支障があるとして認否を明らかにしていません。
今村教員は、去年6月から10月にかけて女子生徒5人の腰や太もも、耳などを触るセクハラ行為をしたとして、去年11月、停職6か月の懲戒処分を受けていて、警察は、詳しい経緯を調べています。

引用元:NHK NEWS WEB

  • 2019年10月7日午前9時~9時50分頃教え子の女子高校生の太ももをつかむ
  • 千葉県立旭農業高校の教室
  • 当時は数学の授業中であった
  • 被害者は1年生の女子生徒2人
  • 保護者から警察に相談が寄せられる
  • 2019年11月には女子生徒5人に対するセクハラで停職6ケ月の懲戒処分
  • その後警察に逮捕される

 

 

「卑猥教師」今村哲大(てつひろ)の生い立ちがやばい!

名前:今村哲大(いまむら てつひろ)

年齢:44才

住所:千葉県東金市日吉台6

職業:旭農業高校数学教師

 

教師という職業は少なからず自分は「偉い」と勘違いしやすい傾向にあります。その理由としては大学を卒業して何も社会経験を積まずにすぐに教師になり、保護者や生徒から先生、先生と呼ばれる立場になるからです。

今回逮捕された今村哲大は幼少期から女の子が「苦手」で話すこともあまりできなかったのではないかと思われます。

さらには母親の愛情に飢えていたこともあるのではないでしょうか。兄弟がいたとしたらその兄弟ばかりが可愛がられ妬んでいたのかもしれません。

そういった人間が教師になり学校という閉鎖された場所の中で自分より弱い立場の生徒に対して指導という名の性的欲求を満たす場となってしまったのです。

さらに驚くべきは犯行現場は教室に限らず、「自家用車内や女子トイレ」などでも行っていたというからもう開いた口がふさがらない、とはこのことである。

今村容疑者は数学の教師をしていたが、様々な数式を用いて1つの答えを導き出すのが数学だが今村容疑者が行っていたのは様々な手段を使って自身の欲求を満たしていただけではなかったのか。

今村容疑者はおそらく何の悪気もなく行った行為なのでしょうが、その行為は世間一般では犯罪行為でしかないことを知らなかったというなら人としていや勉学を教える立場として失格です。

詳しい生い立ちについては調べましたがわかりませんでした。わかり次第追記していきます。

 

今村哲大は「旭農業高校」の教師

旭農業高校住所:千葉県旭市口1番地

千葉県下唯一の単独農業高校として豊かな人間性と規範意識を身につけ、次代の社会と地域の発展に貢献していく人間を育成することを教育目標としている。

 

今村哲大は学校の教育方針を知らなかったのか?

旭農業高校の教育方針には「豊かな人間性と社会性を身につけた生徒の育成」とあります。学校の教育方針を理解しているのであれば、思春期の女子生徒の太ももや腰・肩などを簡単につかんだりしないはずである。

今の教師は自分が勤めてる学校の理念や方針をわかってはいるが理解していないし、そもそも行動にまで反映されていないのが実情である。

仕事場だけでなく私生活においてもその意識は失うべきではない。

教師という職業にもっと誇りをもち、敬意を示すべきである。

 

ネットの反応「マジ きもい!」

  • こんな教師をほっとくな
  • 教え子に手を出すなんて最低だ
  • 学校を何だと思てるのか
  • マジ、きもい
  • なんでそんなことができるのか、不思議
  • 男子校に赴任してくれ
  • 自分の太ももつかんでろ!
ニュース
シェアする

まる3ニュース

コメント