ひな祭り 3月の食べ物

ひな祭りの由来はなに?どんな意味があるの?

 

女の子がいる家庭では3月になるとひな祭りの用意をされると思います。

今ではすっかり女の子の行事として定着してますが、もともとは男の子というか男性もその行

事に加わっていたんです。

子供だけの行事ではなかったんですね。

今回はひな祭りの由来とどんな意味があるのかについてまとめました。

スポンサーリンク

 

 

ひな祭りの由来はなに?

 

ひな祭りの由来は「流し雛」と「ひいな遊び」が合わさってできたものです。

 

■流し雛・・・・・自分に見立てた人形を川に流して厄払いをした。

■ひいな遊び・・・平安時代の貴族の子供たちがやってたままごと遊び。

 

 

■流し雛

これは中国の五節句に由来したものでして、五節句とは季節の変わり目に邪気が入りやすいと

言われていて、その時期に様々な方法で厄払いや健康を願う行事のことです。

 

・1月7日 人日(じんじつ)の節句

・3月3日 上巳(じょうし)の節句

・5月5日 端午(たんご) の節句

・7月7日 七夕(しちせき)の節句

・9月9日 重陽(ちょうよう)の節句

 

これらの中で上巳の節句が桃の花が咲く時期でもあることから「桃の節句」と呼ばれていま

す。

 

平安時代ころから中国では年齢も男女も関係なく、3月3日には藁や紙で作った人型の人形を

手で撫でて穢れ(けがれ)を移し、人形を川にながすことで厄災を祓う風習がありました。

 

この風習を「流し雛」とよび、今でも受け継がれています。

 

 

■ひいな遊び

 

流し雛よりも以前に貴族階級の子供の間で「ひいな遊び」という今でいうままごのような遊び

が流行りました。

 

「雛」とは大きいものを小さくするや、小さくて可愛らしいものという意味があり、「ひい

な」とは「ひな」の古語になるんです。これが後々「雛(ひな)」に変わっていったので

す。

 

小さなものを集めて飾りつけて遊ぶことは子供にとって楽しい時間だったんでしょうね。

 

※ひな祭りは3月3日だけじゃないの? → ひな祭りの日にちは地域で違うの?

 

ひな祭りの意味はなに?

現在のひな祭りの意味は女の子の健やかな成長を祈願する行事です。

 

もともとは男女・年齢に関係なく厄災を祓うためという意味合いで行われていたのですが、江

戸時代になって端午の節句が男の子のお祭りとして認識されるようなり、上巳の節句が女の子

のお祭りとして確立されていったのです。

 

上巳の節句の3月3日頃は、桃の花が咲く時期でもあり昔から桃には邪気を祓い縁起の良いもの

として扱われていて、神様へのお供えとしてもあげられていました。

 

 

 

まとめ

 

・ひな祭りの由来は「流し雛」と「ひいな遊び」にある。

・もともとは年齢・男女関係なく行われていた。

・ひな祭りの意味は女の子の健やかな成長を祝うことにある。

・ひな祭りの時期は桃の花が咲く頃なので桃の節句ともいう。

・桃は昔から邪気を祓い縁起の良い果物だった。

 

 

ひな祭りの由来はもとは中国からきてたんですね。

誰でも災いが訪れないようにしたいですから、こういった風習の効き目は目には見えません

が、きっと良い方向へ導いてくれていくと思います。

大事にしたい風習です。

 

※ひな祭りの記事が他にもありますのであわせてみてください。→ ひな祭りまとめ記事!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-ひな祭り, 3月の食べ物

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.