ひな祭り 3月の食べ物

ひな祭りの日にちは地域で違うの?その理由は?

 

ひな祭り日にちはいつか?と聞かれたら3月3日だと答えますよね。

ところが3月3日にひな祭りを行わない地域があるのをご存知でしょうか?

ではその地域ではいつひな祭りを行い、またなぜ3月3日ではないのかについてまとめてみまし

た。

スポンサーリンク

 

 

3月3日以外のひな祭りの日にちはいつ?

 

それは4月3日です。

 

4月3日にひな祭りを行う地域は、愛媛県・岐阜県・山梨県・群馬県・静岡県・京都府・岡山県

などです。

 

※なるほど納得! → ひな祭りの由来はなに?

 

なぜ地域によって日にちが違うのでしょう?

 

 

これは新暦と旧暦による違いなんです。

 

旧暦の3月3日は、新暦では4月3日にあたりちょうど1ケ月違うんですね。

 

明治時代に改暦されたことによって、新暦の3月3日が桃の節句として定着し多くの地域ではこ

の日にひな祭りを行うようになりました。

 

ところが一部の地域では旧暦のまま今まで通りひな祭りを行ってきたため、このように日にち

が違うようになったんですね。

 

ひな祭りに限らず、お盆の日にちも7月盆のところと8月盆の地域がありますよね。

 

桃の節句といわれる所以は、ひな祭りのころに桃の花が咲くからなんです。

 

それを考えると暖かい地域も寒い地域も同じ日にひな祭りをしないのも納得いきますね。

改暦とは明治時代に近代化を進めていたので、その中の一つに暦も西洋との統一を図るため、太陽暦(グレゴリオ暦)に改暦されました。

スポンサーリンク

 

 

ひな人形はいつからいつまで飾るの?

 

ひな人形は立春から飾って、啓蟄(3月6日頃)くらいまで飾るのが良いようです。

 

ひな人形を飾るのはひな人形に身代わりになってもらうためです。

 

身代わりになって邪気などの災いを取り除いてもらうためなんですね。

よく

 

「長く飾っておくとお嫁に行けなくなる!」

 

といわれますが、これには次のような意味があるようです。

 

・自分の身代わりに厄祓いしてくれた人形をいつまでも置いておくのは縁起が悪いから。

・せっかくのきれいなひな人形を、いつまでも片付けられない女性では嫁の貰い手がない

 ら。

早く飾ることは早く出すということなので、早く嫁に行けるということ。

早く片付けるということは、早く嫁に行くということ。

 

 

いずれもひな人形が身代わりになってくれてるからそういったことで、自分の分身だと思って

大事にしましょう!との意味が込められているんですね。

 

 

まとめ

 

・ひな祭りを4月3日に行う地域がある。

・日にちの違いは旧暦と新暦の違いである。

・ひな祭り以外にも違う日に同じ行事を行っている。

・ひな人形は自分の分身である。

 

 

ひな祭りが3月3日以外に行われてるというのは、あまりピンとこない感じです。

でもよく考えてみたら日にちが違うのもわかりますね。

ただひな人形を飾るだけでなく、こういった話を伝えていきたいですね。

 

※ひな祭りの記事が他にもありますのであわせてみてください。→ ひな祭りまとめ記事!

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ

-ひな祭り, 3月の食べ物

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.