母の日 5月のイベント

母の日の起源と由来は?日本での始まりは?

更新日:

 

5月のイベントとしてすっかり定着している母の日ですが、その起源由来についてご存知の方は意外に少ないのではないでしょうか?母の日って決まってるから母の日でしょう。それはそうですが・・・

そこで今回母の日の起源や由来、日本での始まりに付いてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

 

母の日の起源と由来は?

母の日はアメリカ人のアンナ・ジャービスがによって誕生しました。

アメリカのフィラデルフィアに住んでいたアンナさんは1905年5月9日に母親を亡くしました。それから2年後の1907年5月12日母親が日曜学校の教師をしていた教会で追悼式を行い、母親が好きだった白いカーネーションを祭壇に飾ったんです。

それから母親が生きてる時に感謝を伝えられる機会をもてるように!との強い思いから起こした運動が母の日の起源なんです。

やがてアンナの運動はアメリカ全土に広がり、ついには国を動かすことになったのです。

まずはウエストバージニア州で1910年に母の日が定められ、さらには当時のアメリカ大統領のウィルソンは1914年に、5月の第2日曜日を母の日に決め国民の祝日としました。

アメリカをはじめ日本やドイツでも母の日は5月の第2日曜日なのですが、ノルウェーでは2月の第2日曜日でありフランスやスウェーデンでは5月の最終日曜日になっています。

そしてアンナは亡くなった母親に対して母が好きだった白いカーネーションを飾っていたことから、

母をなくしている人は:白いカーネーション

母が健在の人は:赤いカーネーション

を胸に飾るようになり、それがもとでカーネーションを贈る習慣ができたのです。

ちなみにカーネーションの花言葉は「無垢で深い愛」です。

スポンサーリンク

 

 

日本での始まりは?

日本での始まりは明治時代の終わりごろです。

 

その後、大日本連合婦人会が昭和6年に結成されたのをきっかけに皇后陛下の誕生日である3月6日を「母の日」に定めました。ところが男尊女卑の考え方が強かった日本では父親の威厳が強すぎたせいか、なかなか普及には至りませんでした。

 

母の日が全国に知れ渡るようになったのは、お菓子メーカーである森永製菓のイベントによるものでした。

昭和12年(1937年)5月8日に「第1回森永母の日大会」というイベントを豊島園で開きました。そこには20万人ものお母さんが無料で招待され、招待券には福引券やお菓子引換券などが付いていて子供と楽しく過ごせる内容になっていました。

この森永製菓のイベントが新聞で大々的に報道されたことで一気に認知が広まり、母の日大会も全国の主要都市でも開催されるようになり、定着していったのです。

おじさん
2019年の母の日は5月12日 日曜日です。

 

まとめ

母の日の始まりはアメリカ人のアンナの運動

母親が亡くなった人は白いカーネーションで健在の人は赤いカーネーション

日本での始まりは明治時代の終わりころ日本での最初の母の日は3月6日

日本で母の日を広めたのは森永製菓のイベント

母の日はアメリカで誕生してたんですね。しかも一人の女性の運動から世界に広まっていったなんて凄すぎますよね。日本での広まりがお菓子メーカーの森永製菓によるものだとは知りませんでした。日頃ありがたいと思っていてもなかなか口に出して言えない人も多いのではないでしょうか。ぜひ母の日にありがとうの感謝を伝えましょう。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-母の日, 5月のイベント

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.