母の日 5月のイベント

母の日のカーネーションは何色がいいの?色ごとの花言葉は?

投稿日:

 

母の日の送りものにはカーネーションが定番ですが、最近では様々なのカーネーションがありますね。では母の日に贈るカーネーションは何色がいいんでしょう?それぞれの花言葉によっては避けた方が良いものもあるんです。今回はカーネーションの色や花言葉についてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

 

母の日のカーネーションは何色がいいの?

母の日のカーネーションの色としては赤・ピンク・オレンジ・紫でしたら大丈夫です。

ではなぜこれらの色のカーネーションであればOKなのかというと、それぞれの花言葉が母親への贈り物としてのメッセージにぴったり合ってるからなんです。

母の日の贈り物としては赤いカーネーションが最も人気がありますが、最近は赤以外にもステキな色のカーネーションがありますので、時には違った色を贈ってあげるのもいいのではないでしょうか?

ではそれぞれのカーネーションの花言葉を見ていってみましょう。

赤色の花言葉

「母への愛」「情熱」

母の日の贈り物の定番である意味がすぐにわかりますね。ストレートすぎて少し面白みに欠けるかもしれませんが、一番無難であることは間違いないですね。

 

ピンクの花言葉

「感謝」「気品」「暖かい心」

赤色に比べるとぐっと女性らしさをイメージできる素敵な花言葉を持っています。華やかな中にも上品さを表現できる色なのでそっと花言葉を添えてあげると喜ばれますよ。

 

オレンジの花言葉

「純粋な愛」「清らかな慕情」「熱愛」

オレンジの花言葉もステキなんですが、母親というよりは恋愛対象の相手に対する贈り物のほうがしっくりくる感じがします。

 

紫の花言葉

「誇り」「気品」

しっとり落ち着いた雰囲気を持ったお母さんに贈られると喜ばれる花言葉を持っていますね。エレガントな大人の女性をイメージさせる素敵な色のカーネーションです。

 

カーネーション全体の花言葉「無垢で深い愛」「純粋な愛情」

スポンサーリンク

 

 

贈らない方が良いとされる色は?

 

母の日にできれば避けたい色は「黄色」「白」「深い赤色」です。

黄色も白も色だけ見れば何も問題がなさそうですが、深い赤色は???ですね。ではそれぞれの花言葉を見ていってみましょう。

 

黄色の花言葉

「軽蔑」「軽視」「嫉妬」

どの花言葉をとってもお世辞にもステキだとは言えないですね。黄色は春の菜の花のイメージがあるので暖かい色だと感じていましたが、花言葉はそうではなかったんですね。ただあまり花屋さんで見かける色ではない気がします。

 

白の花言葉

「亡き母を偲ぶ」「尊敬」

母の日にカーネーションを贈るようになったきっかけの色ですが、亡くなった母親への深い愛情を込めたものであったためご健在のお母さんに贈るのは避けた方がよさそうです。

もちろん亡くなった母親に手向けるのであれば何も問題ありません。

 

深い赤色の花言葉

「私の心に哀しみを」

これを母の日の贈り物にするとお別れを意味しそうで悲しいですね。赤い色だから濃くても関係ないと思って選ばないようにしましょう。

 

 

まとめ

母の日のカーネーションは赤・ピンク・オレンジ・紫のカーネーションを贈る

母の日のカーネーションで黄色・白・深い赤色のものは避ける

白いカーネーションは亡くなった人に贈る

紫のカーネーションは上品さがある

今までカーネーションの色にこだわることなくというか知ることもなく赤色のものを贈っていましたが、これからは色にも気を付けて選ぶようにしたいですね。とはいえあまりこだわりすぎるのもよくありませんので、参考程度に覚えていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-母の日, 5月のイベント

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.