母の日 5月のイベント

母の日の花の種類は?それぞれの意味は?

 

母の日にカーネーションは誰でも周知の事実ですが、それ以外には母の日に贈っても良いはないのでしょうか?母の日の花にはどんな種類があって、それぞれがどんな意味を持っているのかなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

 

母の日に選ばれる花の種類は?

母の日にふさわしい花の種類は下記になります。

  • カーネーション
  • バラ
  • ガーベラ
  • ユリ
  • チューリップ
  • 紫陽花

カーネーションは価格も手ごろなこともあって一番母の日に贈られる花として定着していますね。でも毎年同じものでは贈る方も贈られる方も飽きてきませんか?

そんな時には趣向を変えて違う花を贈るのもありですよ。

ではそれぞれの花が母の日の贈り物に選ばれてる意味をみていくことにします。

 

 

それぞれの花の意味は?

カーネーション

母の日が誕生するきっかけになったのがカーネーションなんです。アメリカ人のアンナ・ジャービスが亡き母に好きだったカーネーションを手向けたことがきっかけです。

カーネーション全体の花言葉は「無垢で深い愛」「純粋な愛情」などで、そのほかに色によって「気品」や「純粋な愛」などしとやかな優しい花言葉を持っています。

そうした意味もあって母の日に適した花になっているんです。

 

バラ

 

存在感が圧倒的で香りも良く母の日に限らず、花の贈り物として上位に位置してるのがバラです。カーネーションの次に母の日の贈り物として選ばれてるのも納得ですね。

またバラは女性にとっても人気がある花なので、想い人へ気持ちを伝える花として昔から使われてきました。

カーネーションのように色によって花言葉が違いますが、「あなたを愛してます」「深い尊敬」などすてきな花言葉を持っています。さらにバラは本数によっても花言葉があり、

■11本は「最愛」

■100本は「100%の愛」

みたいに恋人への贈り物で使われる理由がわかる花言葉を持っているわけなんです。

スポンサーリンク

ガーベラ

カーネーションやバラのように派手さはありませんが、ガーベラは陽気で明るい雰囲気があり飾ると周囲が明るくなります。多少控えめながら輝きを放つ存在のお母さんにはお似合いだと思います。

ガーベラの花言葉は「希望」「前進」「感謝」「神秘」などどの色でも前向きな言葉しか用意されていませんので、そういった意味でも母の日の贈り物にも適しています。

 

ユリ

ユリの花言葉は「純潔」「無垢」などです。華やかさと気品あふれ香りが豊かなユリは母の日の贈り物にも適しています。

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という美人を形容する言葉でもたとえられるように、ユリの花は上品なのでお母さんへの感謝を表す花としてふさわしいですね。

難点としては花粉に粘着性があり、衣服に付着すると厄介なところです。

 

チューリップ

チューリップの花言葉は「思いやり」「博愛」です。

オランダでは3人の騎士から告白された少女が一人を選ぶことができずに、神様に「自分を花にかえてほしい」と願いかえてもらった花がチューリップだったという逸話があります。

このようにチューリップには

「すべての人を平等に愛する」

ということが込められているんです。

飾らず、おごらず可憐に咲く姿が素敵ですね。

 

紫陽花

紫陽花の花言葉には「家族団らん」「移り気」といった良い意味のものと、あまり良くないイメージのものがあります。

家族団らんとは小さい花が沢山集まった姿からついたものでして、家の中にあるとそれだけでみんなが仲良くなれるようでまさにうってつけの花ではないですか。

ちょうど母の日の後くらいに見ごろになりますので、母の日にプレゼントしてからも長く咲かせることができるのはいいですね。

 

 

まとめ

母の日の花はカーネーション・バラ・ガーベラ・ユリ・チューップ・紫陽花

バラには本数によっても花言葉がある

ガーベラは悪い花言葉がない

ユリは美人を形容するときにたとえられる

チューリップは平等を意味する花

紫陽花は家族団らんという花言葉がある

母に日の花はカーネーションだけだと思っていましたが、こんなにいろいろあるんですね。時々違う花をプレゼントしてこの花にはこんな花言葉や意味があるんだよ。なんて教えてあげると話が盛り上がって楽しそうですね。ぜひ参考にして下さいね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-母の日, 5月のイベント

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.