銀杏の栄養価や保存方法、臭いの成分などがわかるまとめ記事!

野菜果物関連

 

銀杏ごはんに茶わん蒸しまたはシンプルに焼き銀杏など秋に独特の味わいで食卓をにぎわしますが、銀杏の栄養や保存方法から食べ過ぎた時の中毒症状など銀杏に関する記事を一つにまとめて見やすくしました。

[quads id=1]

 

 

銀杏とは?

銀杏(ぎんなん)はイチョウの実のことですが本来これは実ではなく種子(たね)なんです。中国が原産で高さは約30メートルにも達し葉は扇形で秋になると黄葉します。

雄の木と雌の木があり実がなるのは雌の木だけなんです。また銀杏はとても匂いが強く好き嫌いがはっきりとわかれやすい食べ物でもあります。

 

銀杏の皮はあるものを使うと簡単にむけます!

銀杏の皮はとても固いのでむくのにとても手がいりますがそのむき方にもいろいろな方法がありご家庭にあるもので簡単に皮がむけます。

おそらく現代ではどこの家庭にも必需品としてその存在感を表しているのではないでしょうか。

[st-card id=5071 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

 

銀杏を日持ちさせるには?

保存の仕方が良くないと日持ちしないですぐに傷んでしまいます。それではもったいないのでできるだけ長く保存するには常温・冷蔵・冷凍のうちどの保存方法がいいかがわかります。

[st-card id=5013 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

 

銀杏ってぎんなん以外にも読み方がありますよ!

銀杏という漢字はぎんなんとしか読まないと思っていませんか?それ以外にも読み方があるんですよ。もちろん読み方が違うと意味するものも違ってきますから面白いですね。

花言葉には銀杏の木と同じような意味のものがありました。

[st-card id=4950 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

 

銀杏の栄養価が優れているのをご存知ですか?

銀杏はとても栄養価が高くその効能もたくさんあります。ですがその反面食べ過ぎるとこわい中毒症状を起こす恐れもあるので気をつけたいですね。

良い面と悪い面の両方を知っておくと加減がわかってますますおいしく食べられますよ。

[st-card id=4883 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

 

銀杏の匂いは特別です!

イチョウ並木の下を歩くのはとても風情があって素敵なのですが、一つだけ注意したいのは落ちてる銀杏を踏まないようにすることです。

間違って踏んでしまうと後悔するほど臭いです。でもその匂いを消す方法がわかりますので安心してください。

[st-card id=4851 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”] [quads id=1]

コメント