銀杏のむき方は?レンジと封筒で簡単って本当?

野菜果物関連

 

秋の味覚の銀杏ですが意外に厄介なのが皮むきです。が硬いのでとてもじゃないですが手でむくことはできません。では銀杏の皮むきにはどんなやり方がありまた、レンジ封筒で簡単にできるのかについてまとめました。

[quads id=1]

 

 

銀杏のむき方は?

銀杏の殻はとても硬いのでとても手でむくことはできません。ですので下記の方法で試してみてください。

  • ペンチを使う
  • キッチンハサミを使う
  • 専用の銀杏割り器を使う
  • トンカチを使う
  • フライパンを使う
  • 電子レンジを使う

ペンチを使う場合はできるだけ幅が広い(太い)ものを使うと力が入りやすく殻を割りやすくなります。上手に割るにはペンチの奥の方で銀杏を挟んでやるとあまり力を入れなくてもうまく割れます。

力を入れ過ぎて実まで割らないように殻がパン!というくらいで殻に割れ目が入りますのでほどほどにしましょう。

ペンチより家庭にある道具としてはこのキッチンハサミではないでしょうか。やり方は最初に銀杏の少しとがっている部分の先端をキッチンハサミで切ります。切るのは少しでいいです。

その後キッチンハサミの持ち手に近い部分に湾曲したギザギザのところがありますので、その部分に銀杏を挟んで殻を割ります。

専用の銀杏割り器を使うのも簡単ではありますがそれだけたくさん銀杏を食べる方なら購入してもいいでしょうけど、そうでない方はわざわざ買う必要もないのではと思います。

原始的な方法ですが銀杏を袋に入れてトンカチで叩く方法もあります。我が家でもたまに母がやってるのを見かけることがありますが、割れた殻が飛び散らないように袋に入れてるのですが、叩いてるうちに知らずに袋が破れて殻が散乱することがありますので注意してください。

フライパン(鍋でも可)を使って殻を割る方法もありますがやや時間がかかります。それは銀杏をそのまま入れて箸やお玉でずっと銀杏をコロコロ転がしてやらないといけないからです。

加熱していくと勝手に殻が弾けていきますので、楽ではありますが・・・

そんな中でほとんどの家庭にあって一番簡単な方法が電子レンジを使うやり方ではないでしょうか。ちょっとだけコツがありますので次のところでご紹介していきます。

[st-card id=4851 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”] [quads id=1]

 

 

レンジと封筒を使うと簡単って本当?

封筒に入れて電子レンジで約1分加熱するだけですので時間もかからずとても簡単に銀杏の殻が剥けるんです。

但しちょっとだけコツというか注意していただきたいことがあります。

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”80″ fontweight=”” bgcolor=”#ef5350″ color=”#fff” margin=”0 0 0 -6px”]ココに注意[/st-minihukidashi]
[st-cmemo fontawesome=”fa-exclamation-circle” iconcolor=”#ef5350″ bgcolor=”#ffebee” color=”#000000″ iconsize=”200″]

銀杏はあらかじめペンチやキッチンハサミで切れ目を入れておく

封筒は窓(宛名部分が透明なもの)のないものを使う

封筒のフタのの部分は銀杏があるところまで折り曲げておく

[/st-cmemo]

少し手間がかかるかもしれませんがあらかじめ殻に割れ目を入れておくと、電子レンジで温めた時に殻が飛び散ることがないんです。

封筒の宛名部分が透明のものを使いますとその部分が破れて銀杏が飛び出る恐れがありますので、できるだけ厚手の封筒を使うことがおすすめです。

封筒のフタの部分は折り曲げずにそのままのしていますと銀杏が飛び出る可能性がありますので、必ず数回折り曲げておくようにしましょう。また銀杏をあまり入れ過ぎないようにすることも大事です。

そして電子レンジで殻をむく方法の最大のメリットは銀杏についている薄皮まできれいに剥けることなんです。できるだけ熱いうちに剥くようにした方がいいのですが、手で簡単に剥けますのでありがたいですね。

結構このうす皮を剥くのに手を焼いてるという方がいらっしゃると聞きますのでそういった方にはとてもおすすめですよ。

[st-card id=5013 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

 

 

まとめ

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

銀杏のむき方は6つの方法がある

  • ペンチを使う
  • キッチンハサミを使う
  • 専用の殻割り器を使う
  • トンカチを使う
  • フライパンを使う
  • 電子レンジを使う

一番簡単で少ない時間で済むのは電子レンジを使った方法

電子レンジを使う時の注意点は3つです

  • 封筒の窓があるものは使わずできるだけ厚手のものを使う
  • 封筒の口は銀杏のあるところまで折り返しておく
  • あらかじめ銀杏に切れ目を入れておく

電子レンジを使うとうす皮まで手でむける

[/st-mybox]

硬い銀杏の殻ですが電子レンジを使うと簡単にむけるんですね。短時間でできて危なくもないので誰でもできそうです。茶碗蒸しや銀杏ご飯など好きな人にはたまらないですよね。ぜひ試してみてくださいね。今回の記事が参考になればうれしいです。

[st-card id=5131 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”] [quads id=1]

コメント