野菜 銀杏

銀杏の保存方法と保存期間は?賞味期限はあるの?

 

銀杏は秋の訪れとともに食卓に並ぶ機会が増えてきますが、どんな保存方法があるのかご存知でしょうか?そのままほったらかしていてもいい感じがしますがもっと良い保存方法はないのか。また賞味期限の見分け方についてもまとめました。

スポンサーリンク

 

 

銀杏の保存方法と保存期間は?

銀杏の保存方法は3通りです。

  • 常温保存
  • 冷蔵保存
  • 冷凍保存

 

常温保存

この方法で保存している方が一番多いかもしれませんが、気を付けていただきたいのは必ず殻付きで保存してください。そうしないとすぐに悪くなってしまいます。

常温保存の仕方は新聞紙に空気を含ませるようにゆるく包むかネットに入れて冷暗所で風通しの良い場所に置くようにしてください。密閉してしまうと蒸れてしまいカビが発生する原因となることがあります。

保存期間は約1週間になります。

 

冷蔵保存

殻付きでも殻を剥いたものでも同じですが、新聞しかキッチンペーパーを軽く湿らせたもので銀杏を軽く包んでそれをジップロックなどに入れて野菜室で保存します。

2~3日して湿らせた新聞紙やキッチンペーパーが乾いてきたら、新しいものと取り換えるようにして再度冷蔵庫で保存します。新聞紙やキッチンペーパーをあまり湿らせすぎないようにするのがポイントです。

保存期間は約2週間ですが殻付きなら約1ヶ月になります。

銀杏の栄養価と効能は?食べ過ぎるとどうなるの?

  イチョウの実である銀杏ですが苦みがあるので嫌いな人も多いと思いますが、栄養価はどんなものがありそれらがもたらす効能はなんなのか?また食べ過ぎると怖い症状がでることもあるようです。そんな知 ...

続きを見る

 

冷凍保存

銀杏の保存方法としてはこの冷凍保存が最適です。

その理由は一番長く保存できますし味や風味も落ちにくいのでいつでもおいしい銀杏が食べられるからなんです。

ただ殻付きの銀杏を長期間冷凍保存しますと実が硬くなる場合がありますので、下処理をした実だけを冷凍するのがおすすめです。

  1. 銀杏の殻を割る
  2. 鍋に水・塩・銀杏を入れて茹でる
  3. 薄皮をとる
  4. 水気をしっかりふき取りサランラップに平らに並べる
  5. ジップロックなどの密閉袋に入れてしっかり空気を抜いて保存する

冷凍保存の時の注意点としては茹でたあとにしっかり水気をとることと、袋に入れたあと中の空気を抜いておくことです。それだけ気を付けて保存すれば使うときにも凍ったまま料理に使えますので便利です。 

冷凍保存の場合の保存期間は約3ヶ月です。

スポンサーリンク

 

 

賞味期限はあるの?

明確な賞味期限はありません。が先ほどご紹介した保存期間が賞味期限の目安でもあります。またそれ以外で食べれるかどうかの判断をするのに次の項目を確認するといいですよ。

  • 薄皮がめくれない
  • 水分が蒸発して乾燥し実が萎んでいる
  • 実が黄色くなってる(通常は緑)
  • 硬い殻がぐにゅっと柔らかくなってる
  • 異臭がする

このように銀杏が食べれる状態かどうかの判断は見た目でわかりやすいので誰でも見分けやすいです。調理する時に薄皮がめくれないとかちょっと硬い気がする程度であれば、まだ食べられる状態ではありますが決しておいしくはないです。

見た目で硬い殻にシワがよっているほど萎んでいたり異臭がしていたら絶対に食べてはいけません。カビが生えてる状態のものはほとんどの人が食べることはないと思いますが、それ以外でもこれらの状態を確認することで食べれるかどうか、つまり賞味期限が切れてるかどうかの判断につながるというわけなんです。

銀杏が臭い理由は?臭いの成分や消す方法をご紹介!

    銀杏は独特の匂いがありそれがいいという人もいますが、苦手という人もいます。この銀杏の臭い理由は何なんでしょうね。そしてその成分や臭いの消し方についてもまとめました。 スポン ...

続きを見る

 

 

調理した銀杏の保存について

生の銀杏についての保存方法は上記で紹介したとおりですが、調理したものはどんな保存方法でどのくらいの期間保存ができるのかというのも気になるのではないでしょうか。

調理したものはラップに包んで冷蔵庫で保存して約3日しか持たないです。

もちろん絶対食べられないかというとそういうわけでもありませんが、かなり風味も落ちてしまいますのでその点をわかった上で食べられるのなら問題ないでしょう。

単純に茹でただけだったり、炒っただけのものでしばらく使う予定がないのであればすぐに冷凍してしまえば大丈夫ですが、そうでないもの(茶わん蒸しの具や煮物)に使ったものであればそういうわけにもいきません。

そのため一度調理したものはできるだけ早めに使い切ることをおすすめします。

 

 

まとめ

銀杏の保存方法は常温・冷蔵・冷凍の3通りある

一番おすすめなのは冷凍保存で保存期間も長く風味も落ちにくい

冷凍保存の注意点は水気をしっかりとることと、袋の空気をよく抜くこと

銀杏の明確な賞味期限はないが次の項目に該当する場合は食べるのを見合わせた方が良い

  • 薄皮がめくれない
  • 乾燥し実が萎んでる
  • 実が黄色くなってる
  • 殻がやわらかくなってる
  • 異臭がする

調理した銀杏は冷蔵庫で約3日しかもたない

せっかくの秋の味覚を保存が上手くできなかったためにダメにしてしまった。なんでことがないように保存を上手にすることで長くおいしくいただくことができますので、銀杏が出回るようになったらぜひ試してみてください。今回の記事が参考になればうれしいです。

銀杏の栄養価や保存方法、臭いの成分などがわかるまとめ記事!

  銀杏ごはんに茶わん蒸しまたはシンプルに焼き銀杏など秋に独特の味わいで食卓をにぎわしますが、銀杏の栄養や保存方法から食べ過ぎた時の中毒症状など銀杏に関する記事を一つにまとめて見やすくしまし ...

続きを見る

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-野菜, 銀杏

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.