恵方巻きはいつ食べる?食べ方は?2019年の方角は?

野菜果物関連

今や老若男女がこぞって食べるようになった恵方巻き

毎年違う方角を向いて食べることになっていますよね。

そんな恵方巻きをいつ食べるのか?食べ方や2019年の方角(恵方)についてまとめまし

た。

[quads id=1]

 

恵方巻きはいつ食べるの?

 

恵方巻きを食べる日は「2月3日」です。

 

ちなみに2019年は2月3日 日曜日になります。

 

いつもは家族そろって食べれなかったけど、今度は日曜日だからみんなで仲良く食べることが

できる家庭もあるのではないでしょうか。

 

節分に食べるようになった恵方巻きですが、食べるのはもっぱら夜になると思います。

 

※恵方巻きはつい最近みたいです。 → 恵方巻きはいつから始まったの?発祥はどこ?

 

恵方巻きの食べ方

 

恵方巻には3つの食べ方のルールがあります。

 

1.その年の恵方をむく。

2.恵方をむいて願い事をしながら、無言で食べる。

3.切らずに1本丸ごと食べる。

 

恵方は歳徳神(としとくじん)がいる方角のことで、一年の福徳をつかさどる神様なんです。

この方角に向かうことで徳を授かると言われているんです。

 

福の神である歳徳神にむかって願い事をしてるのに、しゃべりながら食べるのは失礼にあたる

として、無言で食べるようになってます。

 

さらに切らずに1本丸かじりするのは、歳徳神との縁が切れないようにするためなんです。

歳徳神のいる恵方にむかって恵方巻きを差し出すことで、その恵方巻きには歳徳神とのご縁が

できてるんです。

 

ですので、あまり大きすぎないものを用意されるといいのではないでしょうか。

 

[quads id=1]

 

 

2019年の恵方は?

 

東北東やや東(右)です。

 

恵方というのは陰陽道(おんみょうどう)に基づく方角のことで、十干(じっかん)十二支

の組み合わせよって決められています。

 

日本では歳徳神が訪れる方角となっているようです。

 

実はこの恵方ですが、4つの方角しかないんです。

 

十干というのも十二支と同じように毎年変わっていきます。

 

 音読み  訓読み

甲(こう)(きのえ)     

乙(おつ)(きのと)

丙(へい)(ひのえ)

丁(てい)(ひのと)

戊(ぼ) (つちのえ)

己(き) (つちのと)

庚(こう)(かのえ)

辛(しん)(かのと)

壬(じん)(みずのえ)

癸(き) (みずのと)

 

東北東 → 西南西 → 南南東 → 北北西 → 南南東

 

という順番で毎年変わっていきます。

 

2020年東京オリンピックの年は西南西ということですね。

 

※恵方巻きはなんで食べるの? → 恵方巻きの由来と具材の意味は?

 

まとめ

 

・恵方巻きを食べるのは2月3日。

・恵方巻きの食べ方には3つのルールがある。

・恵方をむく。

・無言で食べる。

・切らずに丸ごと食べる。

・恵方は4つの方角しかなく毎年変わる。

 

 

恵方巻きはみんなが食べてるから食べてたり、コマーシャルで宣伝してるから食べてたりして

いたかもしれません。

実は僕もそうでした。

何にでも理由があって行われてるんですね。

良い風習や習慣は残していきたいですね。

 

恵方巻きについて他にも書いた記事があるのであわせてみてください。→恵方巻きまとめ記事

 

[quads id=1]

コメント