2月の食べ物 恵方巻き

恵方巻きはいつから始まったの?発祥はどこ?

 

いつのまにか全国に広がった恵方巻き

節分の時期が近づくとお店でもテレビコマーシャルでも盛んにPRされます。

そもそもいつから恵方巻きは始まったのでしょう?

節分の恵方巻きの発祥はどこなんでしょう?

そんな疑問についてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

 

恵方巻きはいつから始まった?

恵方巻きが始まったのは約30年前から始まりました。

恵方巻きと呼ばれるようになる前は、太巻き寿司でした。

縁(えん)を巻く、幸(さち)を巻くことから巻き寿司と呼んでいました。

この太巻き寿司を切らずに食べると幸運が訪れる。という縁起を担いで食べだしたのが始まり

なんです。

それが約100年前だと言われています。

実はこの恵方巻きという名前になったのにはあるお店が仕掛けたことによるものだったんで

す。

それがコンビニ最大手のセブンイレブンだったとのこと。

広島でセブンイレブンを経営していたオーナーが1989年にそれまで太巻き寿司や丸かぶり

と呼ばれていたものを、恵方巻きとして販売するようになったのが始まりだったのです。

ですので当初は関西の一部の地域でしか行われていませんでした。

それが拡大する店舗展開や他店も取り入れていき、急速に全国に普及していったというわけで

すね。

恵方まきの始まりはセブンイレブン

 

※知ってました?恵方巻きの食べ方! → 恵方巻きはいつ食べる?食べ方は?

スポンサーリンク

 

 

恵方巻きの発祥はどこ?

大阪市の此花区(このはな)の伝法町(でんぽう)(当時の申村(さるむら))が恵方巻きの

発祥だと言われています。

ここでは節分の行事として、世年講(よねんこ)と呼ばれる同じ信仰を持つ人達の集まりがあ

りました。

この日の食事が巻き寿司だったそうなのです。

しかしこの巻き寿司づくりは大変な忙しさだったため、切る暇などなくそのまま丸かぶりする

ようになっていました。

その際、神棚にむかって今年1年の無病息災を願ってから食べていたと言われています。

最初は巻き寿司や幸運の巻き寿司などといわれていて、その後コンビニエンスやスーパーの宣

伝によって全国に恵方巻きと名前が変わって広まっていったんです。

そうして今ではその年の恵方を向いて願い事を唱えながら、1本食べると願望実現するといわれています。

※恵方巻きのこともっと知りたい! → 恵方巻きの由来や具材の意味は?

 

 

恵方巻きはみんな食べてるの?

全国的な調査だと約60%の方が恵方巻きを食べているという結果が出ていますが、中でも近畿や四国など西日本で食べられる方が多いようです。

最近は恵方巻きの種類も多様化していますが、一番人気があるのはオーソドックスな具材の海苔巻きが人気がありますが、海鮮ものや野菜を多く使用したサラダ巻きなども好んで食べられています。

一時のブームは去ったみたいで近年は徐々に恵方巻きを食べる人が減ってきているようです。

 

 

まとめ

・恵方巻きの習慣が始まったのは30年前くらいから。

・切らずに食べたのは切る暇がなかったから。

・もともとは巻き寿司や幸運の巻き寿司という呼び方だった。

・恵方巻きの発祥は大阪市此花区。

・全国に広まったのはスーパーやコンビニの力。

 

 

大坂から始まった巻き寿司を食べる習慣が、その名前を変えて全国に受け継がれていったんで

すね。今では巻き寿司にとどまらず、ロールケーキも恵方巻きにあやかって販売されるようになりま

した。多少本来の主旨とは違ってきている気もしますが、食べる人たちが楽しく食べれるのならそれ

もOKかな? とも思います。みなさんはどう思われますか?

 

恵方巻きについて他にも書いた記事があるのであわせてみてください。→恵方巻きまとめ記事

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-2月の食べ物, 恵方巻き

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.