ドリフ大爆笑2021でポスター丸見え画像!ボカシ入れるのを忘れた?

2021年5月3日にドリフ大爆笑2021が放送されました。

過去の懐かしいドリフのコントがお茶の間をにぎわせたようです。

あるコントの場面で貼ってあったポスターがもろ見えになってるシーンがあり物議をかもしています。

今回は問題の丸見えポスターの画像と世間の声についてまとめてみました。

目次

ドリフ大爆笑でポスター丸見え画像!

問題のポスターが丸見えになってるシーンの画像がありました。

いかりやさんんが高木さんにカツアゲをやってこい、と言ってるシーンでは後ろのポスターにしっかりボカシが入っていました。

そして加藤さんが志村さんにカツアゲをやってるシーンでもボカシが入っています。

ところが右上の加藤さんと仲本さんのシーンではそのボカシが入っておらず、丸見えとなっていたのです。

さらに左下のシーンでもポスターにボカシが入っていませんでした。

放送倫理が厳しい昨今ですので、こうした編集ミスはすぐに問題になってしまうのでしょうね。

ドリフ大爆笑でポスター丸見えシーンのコント内容

問題のポスターが丸見えになったコントの内容は「カツアゲ」のコントでした。

いかりや長介さんが不良学生役を演じられ、当時を思い起こさせるような名演技を披露されていました。

志村さんもまだ髪がたくさんありとても若々しい姿を見せてくれていました。

高木さんや仲本さん、加藤さんといったドリフの役者がそれぞれに個性あふれるコントを演じられお茶の間を笑いの渦にしたことでしょう。

ドリフ大爆笑でポスター丸見え画像!世間の声

視聴者はこうした編集ミスに敏感に反応しているようです。

ボカシが入ったり入らなかったりしている細かい部分をちゃんとみているんですね。

視聴者の中には昔の自由な放送を懐かしむ声もありました。

ドリフ全盛期の時代でしたら何も問題がなかったのかもしれませんが、今はそうはいきません。

たとえコントであろうと未成年がたばこを吸ってるシーンなども放送されることはないでしょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる