ブルーベリー 果物

ブルーベリーの花はどんな花?花言葉は何?

 

ブルーベリーの果実は見る機会があるのでわかりますが、になるとどんな花なのかさっぱりわかりませんよね。そこで今回はブルーベリーの花と花言葉についてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

 

ブルーベリーの花ってどんな花?

ブルーベリーの花は白いものやピンク色をしています。果実の色が濃い青紫色をしていますのでてっきり花も同じ色をしているのかと思いきや、まったく違っていましたね。

開花時期は4月~5月ころで、春になると咲き始めます。

花の形はスズランに似ていて釣り鐘状をしていて、写真のように下向きに咲きますのでかなり特徴がありますね。

この筒型をした花の部分は花びらが集まって一つの花を構成していることから「花冠(かかん)」と呼ばれています。

花冠の根元にはギザギザした形のがくがあって、その上に子房(しぼう)がついています。

ブルーベリーの果実に星形の部分として残っているのが「がく」なんです。

ブルーベリーの旬は?産地はどこ?

  ブルーベリーはとても栄養が豊富な果物ですが、旬の時期っていつなんでしょうね。できれば旬のおいしい時期に食べたいですよね。そしてどんなところで作られているんでしょうか?今回はブルーベリーの ...

続きを見る

 

 

花言葉は何?

ブルーベリーの花言葉

  • 実りのある人生
  • 知性
  • 信頼
  • 親切
  • 思いやり

どれもとても素敵な言葉ばかりですね。なかでも実りのある人生や思いやりなどは、釣り鐘状の白い花や青く実った可愛らしい果実はどれもひしめき合って存在しているさまそのものを表しているのではないでしょうか。

その一方でブルーベリーの花は下向きに咲くことからフランスやドイツでは「裏切り」や「孤独を探す」など暗いイメージの花言葉が付けられています。

これは西洋で紫色は涙の色とされ、こういった植物にはブルーな心境を表す花言葉が付けられる傾向にあるんです。

花言葉のルーツは17世紀ころのトルコで文字や言葉のかわりに花そのものに相手へ贈るという習慣があって、これがヨーロッパへと広がりそして世界へと伝わっていきました。

花言葉は国によっても違いますので同じ花でも国が違えば、花言葉も違ってくるんです。とはいえ花そのものの形や土地柄・風土を反映してつけられているものが多いのではないでしょうか。

花言葉はその花を開発した人が決められる場合や、応募によって決められたりするようです。

スポンサーリンク

 

 

ブルーベリーの花は鳥に食べられることがある?

鳥がよく食べるのは木の実(果実)だと思っていましたが、ブルーベリーの花や葉っぱも食べられたりするんです。

彼らも生きていくために必死なので仕方のないことですが、花を食べられると実がなりませんので育てる方は大変ですよね。

こうした鳥害を防ぐためには防虫ネットを被せてあげると良いですが、その際はあまり目が細かくなく粗いものの方が適しています。

 

 

まとめ

ブルーベリーの花の色は白やピンクで下向きに咲く

開花時期は4月~5月

ブルーベリーの花言葉は実りのある人生・知性・信頼・親切・思いやり

花言葉は国によって違う

ブルーベリーの花は釣り鐘状で白やピンクの可愛らしい花なんですね。春にふさわしく下向きに咲くところもしおらしくて愛くるしいと思います。空に向かって一心不乱に太陽の光を浴びる花も素敵ですが、こうした控えめな感じの花も親近感を覚えますね。

ブルーベリーまとめ記事!旬や種類、栄養などが満載!

  ブルーベリーは健康に良い果物として評価が高いです。そんなブルーベリーの旬や種類、栄養や保存方法さらには普段あまり気にすることがない花や花言葉についてもまとめてみましたので、ぜひ読んでいた ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-ブルーベリー, 果物

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.