ブルーベリーの種類や特徴は?見分け方ってあるの?

野菜果物関連

 

ブルーベリーってそんなに種類があると思っていない方が多いのではないでしょうか。その種類は400種類以上もあるといわれています。今回はブルーベリーの種類と特徴、それぞれの見分け方についてまとめてみました。

[quads id=1]

 

 

ブルーベリーの種類と特徴

ブルーベリーの種類は大きく分けると2種類です。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  • ハイブッシュ系
  • ラビットアイ系
[/st-mybox]

ハイブッシュ系はもともと寒い地域で栽培されていた品種です。それが改良されて暖かい地域での栽培も可能になっていったんです。実が大きく良質で酸味と甘みの調和がとれていて、味が良いのが特徴です。

完熟するととてもバランスのとれた味になるのですが、完熟したかどうかの見極めが難しい品種でもあります。完熟できてない早い時期に収穫してしまうと、酸味が強い状態になっていますし逆に完熟が進みすぎて収穫してしまうと食味がおちる傾向にあるからなんです。

ラビットアイ系の名前の由来となってるのが熟す前の果実が赤くなり、まるでウサギの目のようだということからそう名付けられています。

ハイブッシュ系とは対照的に耐寒性が弱いので、暖かい地域での栽培に向いている品種になります。

果実の大きさはハイブッシュよりも小さく皮が厚く種も目立ちますが、酸味は控えめで甘さの方が強いのが特徴です。

ラビットアイ系はハイブッシュ系よりも収穫量が多いです。

 

ハイブッシュ系の品種

ハイブッシュ系の中にはさらにノーザンハイブッシュとサザンハイブッシュに分かれます。

[st-mybox title=”ノーザンハイブッシュ系” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  • アーリーブルー
  • コリンス
  • スパルタン
  • デューク
  • パトリオット
  • エリザベス
  • ダロウ
  • レイトブルー
  • チャンドラー
[/st-mybox]

ハイブッシュ系が品種改良されて暖かい地域でも栽培が可能になったのがサザンハイブッシュ系のブルーベリーですが、サザンハイブッシュ系はハイブッシュ系とラビットアイ系の良い所を受け継いでいますのでとても品質の良いものになっています。

[st-mybox title=”サザンハイブッシュ系” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  • シャープブルー
  • オニール
  • ミスティー
  • サンシャインブルー
  • マグノリア
[/st-mybox]

 

[st-mybox title=”ラビットアイ系” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  • ホームベル
  • ティフブルー
  • ブルーシャワー
  • ピンクレモネード
  • フロリダローズ
  • ノースランド
[/st-mybox] [quads id=1]

 

ハイブッシュ系とラビットアイ系の見分け方

見分け方については次の表にまとめてみました。

  ハイブッシュ系 ラビットアイ系
葉の形 楕円や玉子型 葉の縁に細かいギザギザ
実の色 緑→濃紺 緑→赤
収穫時期 6月~8月 7月~9月

葉の形や実の色の違いで見分けられるのはとれもわかりやすいですね。ブルーベリーといったら濃紺だけだと思っていましたがそれだけしか知らなかっただけだったんですね。

ハイブッシュ系は寒い所で育つので寒い時期に収穫されるのかとばかり思っていましたが、これも全く違っていました。

[st-card id=3102 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

 

ブルーベリーってどんな果物?

ブルーベリーはツツジ科スノキ属に分類される果樹の一種です。

青紫色の果実を実らせることからその名前が付けられています。ブルーベリーは北米のジャングルに自生していたため先住民たちの日常食として食べられていました。

17世紀初頭に北米に移住してきたヨーロッパ人たちが食糧難に直面した時に先住民からブルーベリーを与えられ、日常食にする傍らジャムなどに加工するようになったといわれています。

やがて移住者たちがブルーベリーの栽培法を確立し、次第にアメリカ全土そして世界へと普及していったのです。

 

 

まとめ

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

ブルーベリーの種類はハイブッシュ系とラビットアイ系の2種類

ハイブッシュ系は酸味が強く耐寒性があり、ラビットアイ系は温暖地での栽培に適していて甘味がある

見分け方は葉の形・果実の色・収穫時期

ブルーベリーはもともと北米の先住民の日常食

[/st-mybox]

ブルーベリーにはとてもたくさんの品種があって寒い所だけでなく、暖かい所でも育つ種類もあるんですね。ブルーベリーの名前のように〇〇ブルーと名前にブルーがつくものが多いのも特徴のようですね。あなたはいくつ知っていましたか?

[st-card id=3242 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

 

[quads id=1]

コメント