バナナ 果物

バナナは筋トレに効果的?食べ方のポイントは?

 

ダイエットにバナナを食べるというのは聞いたことがありますが、筋トレにバナナがいいなんて僕も初めて聞きました。バナナは筋トレはとても相性がいいらしいのでその理由やバナナの食べ方についてまとめました。

スポンサーリンク

 

 

バナナは筋トレに効果的?その理由は?

バナナは筋トレにとても効果的なんです。

筋トレをやっていても効果を感じないという人も多いかと思いますが、それは体を作るための材料や栄養素がバランスよく体の中に取り込まれていない可能性があるからなんです。

筋トレにおけるバナナの役割には次のような効果があります。

  • 最適なエネルギー補給源
  • 疲労回復や筋肉の修復
  • 吸収速度が速い
  • 入手しやすい

 

最適なエネルギー供給源

人が活動する上で糖質と脂質はエネルギーの源であり、糖質は脂質と違い体内での貯蔵がききませんので特にこれから体を動かす朝にしっかり補給しないとエネルギー不足に陥ってしまいます。

バナナにはすぐに吸収されてエネルギーになるぶどう糖や果糖が含まれていると同時にスタミナの持続性を保つデンプンも含まれていて、即効性と持続性の両方のエネルギーが効率よく摂取できるというわけです。

体内のエネルギーとして主に使われるのは炭水化物で、この炭水化物が不足していると体内のたんぱく質を分解してエネルギーを作ることになります。

そうなるとたんぱく質不足になり筋肉はつかなくなります。バナナには100gあたり25gもの炭水化物が含まれていますので効果的なんです。

あわせて読みたい

バナナって頻繁に食べてもいいの?>>バナナを毎日食べるとどうなるの?

 

疲労回復や筋肉の修復

バナナにはりんご3個分に相当するカリウムが含まれています。このカリウムが筋肉の修復をサポートしてくれるんです。バナナに含まれる栄養素の中でも多くの占有量を占めてもいます。

さらにはこのカリウムには体内の余分な水分や老廃物を排出してくれて筋肉の機能を調整してくれますし、筋肉疲労を取り除いてもくれます。

 

吸収速度が速い

バナナは糖質をエネルギーに換えてくれる吸収速度が速い優れものです。筋トレは空腹のままでやっても意味がないどころか、逆に体内の栄養分が使われてしまい逆効果になってしまいます。

筋トレ前にも食事をしておくのは必須であり、そんな時に食べるのにバナナが適しているんです。エネルギーに代わる糖質があり吸収スピードが速いということが魅力ですね。

 

入手しやすい

サラリーマンの方は仕事帰りにジム通いすることになると思いますがそんな時間がない時にすぐに入手できてサッと食べれるものが都合がいいはずです。

そんな時にどこでも買えて手軽に食べれるのがバナナです。先ほどもご紹介しましたように筋トレ前に空腹なのはいけませんので何かしら栄養のあるものを体内に取り入れておく必要があります。

探す手間もなく持ち運びにも便利なバナナはその最たるものですよ。

スポンサーリンク

 

 

食べ方のポイントは?

バナナが筋トレに良いからといってただ食べれば良いというものではなく、その食べ方にもいくつかのポイントがありますので、まとめておくと次のようになります。

ポイント

  • 筋トレの前後に食べる
  • 黄色く成熟したものを食べる
  • 食べ過ぎないようにする

筋トレの前後に食べる

筋トレの前にも空腹ではなくエネルギーを蓄えておく必要があります。ですのでエネルギー吸収の速いバナナを1本食べておくと良いです。

そして筋トレ後は筋トレによってエネルギーが消費されているのと、疲れた筋肉を修復するためにバナナを1本食べるようにします。この時に注意することとして筋トレ後30分以内に食べるようにしましょう。

この筋トレ後の30分間には意味があって実はこの30分は筋肉のゴールデンタイムのピークなんです。たんぱく質は筋肉に吸収しやすくなります。そこから1時間半後くらいまでがリミットだといわれています。

バナナを漢字で書くとどう書くの?その由来や意味は?

    バナナは誰でもよく知ってる果物ですがバナナを漢字でどう書くのかはご存知の方はさすがに少ないのではないでしょうか。カタカナで十分通じますができれば知っておいてほしいので意味や ...

続きを見る

 

黄色く成熟したものを食べる

バナナは青いものと黄色くなったものでは栄養成分が変わってきます。青いバナナは整腸作用を高めるこうかがあるのに対し、黄色いバナナは糖分が増しますのでエネルギー補給に適しています。

特にシュガースポットと呼ばれる茶色い斑点が薄く出始めているくらいのものが一番おいしく食べれてエネルギー補給にもなるのでおすすめです。

 

食べ過ぎないようにする

どんなに良いものでも食べ過ぎるのはよくありませんので、1日1~2本を目安にして食べるのがベストです。

食べすぎは糖分の摂りすぎにもつながりますので逆効果になってしまいます。

 

 

まとめ

バナナは筋トレに適した食べ物でありその理由は4つ

  • 最適なエネルギー供給源である
  • 疲労回復や筋肉の修復をしてくれる
  • 吸収速度が速い
  • 入手しやすい

食べ方のポイントは3つあります

  • 筋トレの前後に食べる
  • 黄色く熟したものを食べる
  • 食べ過ぎないようにする

筋トレ後の30分は筋肉のゴールデンタイムである

テニスの試合中継を見ているとどの選手も休憩中によくバナナを食べています。一流のアスリートは食べ物にもこだわっているはずなので、バナナが運動するときにはとても良いという証ですね。スポーツする時は持参するようにするといいですよ。今回の記事が参考になればうれしいです。

バナナの保存方法やカロリー・糖質から筋トレにも効果的などのまとめ記事!

  バナナってどこにでも手軽に持ち運びできてちょっと小腹がすいた時に食べれる便利な果物ですよね。そんなバナナの保存方法からカロリーや糖質そして筋トレにも効果的などバナナに関する情報をまとめま ...

続きを見る

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-バナナ, 果物

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.