バナナの保存方法のおすすめは?賞味期限はあるの?

野菜果物関連

 

バナナはいつもテーブルの上にあるから保存ってことはあまり考えたことがない、という方もいらっしゃると思います。上手に保存するとバナナは長持ちするんです。またバナナの賞味期限についてもまとめました。

[quads id=1]

 

 

バナナの保存方法でおすすめは?

バナナの保存方法でおすすめなのは季節で違ってきます。

  • 夏場・・・冷蔵
  • 冬場・・・常温

なぜ夏場と冬場で保存方法が違うのか?というとそれはバナナの保存に適した温度が15度~20度で、13度以下になると熟成がとまってしまい皮も黒ずんでしまいます。

ですから夏の暑い時期、特に最近は地球温暖化の影響で猛暑の夏が毎年訪れていますので夏場の常温保存ではまずバナナは持たないですね。

一方冬場はどうかというと部屋の中で暖房を入れていますので、温度が20度くらいになっていますからあたたかい所が好きなバナナにはとても過ごしやすい環境になってるわけです。

では夏場・冬場それぞれの保存方法についてみていくことにしましょう。

[st-card id=5119 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

 

夏場(冷蔵保存)

バナナを冷蔵保存の方法は1本ずつであればラップに包んでまとめてであれば新聞紙に包んでさらにその上にビニール袋をかぶせてあげます。

冷蔵する時は若干温度が高い野菜室に保存するようにします。

冷蔵することでバナナの呼吸が抑えられ成熟が止まりバナナが黄色状態をある程度保ったまま保存ができるわけです。バナナ自身がエチレンガスを放出していてそのエチレンガスによって熟成していきます。

ちなみにエチレンガスはバナナの柄の部分から出ていますので、できるだけ房から1本ずつ切り離した方がいいですね。

「バナナの呼吸が止まる=エチレンガスの放出が止まる=熟成しない」

といことです。

新聞紙で包むのはバナナの湿度をほどよい状態に保つためです。同じ気温でも湿度が低いとあまり暑さを感じませんが、逆に湿度が高いと気温の数字以上に暑く感じることがあると思いますが、それと同じですね。

保存期間はおよそ2~3日から長くても1週間ほどになります。

[st-cmemo fontawesome=”fa-comments” iconcolor=”#F48FB1″ bgcolor=”#FCE4EC” color=”#000000″ iconsize=””]冷蔵保存する時はシュガースポットと呼ばれる茶色い斑点が出たくらいのものを保存しましょう。というのは冷蔵状態では熟成しないからです。それと低温障害で皮は黒くなりますが、中身は悪くなっていませんので安心してください。それとバナナのそばにりんごなどのエチレンガスを発する食材は置かないようにしましょう。[/st-cmemo]

 

冬場(常温保存)

冬場の常温保存ではバナナを適温に保つことが重要です。そしてバナナの置き方にも注意してください。バナナスタンドに吊るして保存するのが良いのですが、バナナスタンドがなければ直接置いてもいいのですが、その時に谷型にしてでなく山型に伏せておくようにします。

そうしないとバナナの重さで接触している部分が黒くなってしまいます。谷型・山型では少しわかりにくかと思いますのでバナナを手に例えてみると手の甲ではなく手の平が下に向くようにといった感じです。

それから新聞紙に包んでさらに上からビニールをかぶせてから保存するようにしましょう。そうすることで中が蒸れやすくなりホカホカでバナナも気持ちよく過ごせるんですよ。

色つきのものですと3~4日で多少青目のもので10日ほど保存が可能です。

[quads id=1]

 

冷凍保存

バナナを冷凍保存することもできます。この場合はバナナの皮を剥いて輪切りにしたものをラップに包んで冷凍するか、バナナに割りばしを通してそれをラップに包んで冷凍するといった方法があります。

そうすることで夏場のアイスかわりに食べてもいいし、ジュースやスムージーなどの材料にするのも使い勝手がよくていいと思います。

冷凍保存のばあいは約1ヶ月ほど保存ができます。

[st-card id=5165 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

 

 

バナナに賞味期限はあるの?

バナナには食品のようにはっきりとした賞味期限はありません。ですので食べれるかどうかは見た目の状態で判断するしかないです。

賞味期限はおいしく食べれるかどうかの期限ですのでその判断のためには以下のことを確認してみてください。

[st-midasibox title=”判断のポイント” fontawesome=”fa-check-circle faa-ring animated” bordercolor=”#FFC107″ color=”” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold”]
  • 異臭がする
  • 表面に汁が出てる
  • 柔らかすぎて皮がむけない
  • カビが生えてる
[/st-midasibox]

このような症状が見られたら食べるのはやめておいたほうがいいです。そしてよく表面の皮に茶色い斑点が出てきただけでバナナが傷んでいると判断する方がいますが、これは間違いです。

逆に茶色い斑点が出てきたくらいがちょうどおいしくなったころですので、安心して食べてくださいね。

ちなみにこの茶色い斑点はシュガースポットと呼ばれていてバナナの中が成熟している証拠なんです。このシュガースポット以外にも黒くなることはあります。

それは低温で保存したことによる低温障害であったり、バナナの輸送中にぶつけたりしたらその部分から黒く変色することがあります。

この場合は中身まで影響している可能性がありますので、注意したほうが良いです。

 

 

まとめ

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

バナナの保存方法のおすすめは夏場は冷蔵で冬場は常温

バナナの冷蔵保存すると成熟が止まるので保存するときはある程度熟したものがいい

バナナの保存に適した温度は15~20度で13度以下だと低温障害を起こす

バナナの常温保存するときはバナナスタンドを使うかなければ山型の状態で置いておく

バナナの賞味期限は見た目で判断する

茶色い斑点はシュガースポットといって成熟した証拠

[/st-mybox]

子供から大人まで大好きなバナナは多くの家庭のテーブルの上でその存在感を示していると思います。ちゃんとした保存方法でいつでもおいしいバナナを食べれるようにしておきたいですね。今回の記事が参考になればうれしいです。

[st-card id=5334 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”] [quads id=1]

コメント