アスパラは生でも食べれるの?食べ方は?

野菜果物関連
アスパラってお肉で巻いて食べたり、パスタに混ぜたり火を通して食べる料理が多いですが、で食べることはできないのでしょうか?また生で食べる食べ方にはどんな食べ方があるのかについてまとめてみました。
[quads id=1]
 

アスパラは生で食べられるの?

結論から言うと「アスパラは生で食べられます。」
 
ただし生でおいしく食べるためにはちょっとだけポイントがあります。
[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=””]

鮮度が良いものであること。

下ごしらえをすること。

[/st-mybox]
畑から収穫してきてすぐなら一番おいしく下ごしらえもせずに食べれると思いますが、お店で買ってきたものは畑で採れてからすでに数日たっていますので、その分鮮度は落ちています。

下ごしらえってどうするの? → アスパラの下ごしらえは?

 

新鮮なアスパラの選び方

鮮度の良いアスパラはどのような部分に注意して選べば良いのか。ポイントをご紹介します。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=””]

●茎が硬くて太い。

●緑色が濃い。

●穂先が引き締まっている。

●根元の切り口がみずみずしい。

[/st-mybox]

茎が細いものより太いものの方が断然やわらかいです。茎の部分は濃い緑色をしてる方が鮮度がよく、栄養満点ですし、茎の切り口のみずみずしさは新鮮さを保ってる証拠です。そして穂先に一番栄養がありますので穂先の締り具合はアスパラの生命線ともいえるほど重要な鮮度の判断基準になります。

 

アスパラにはどんな栄養があるの? → アスパラの栄養成分にはなにがある?効果効能は?

[quads id=1]

 

アスパラを生で食べる食べ方

アスパラを生で食べるにはなんといってもサラダで食べるのが一番です。

その食感や風味を逃さずおいしくいただくことができるのが魅力ですね。ではそのサラダや和え物にはどんなものがあるのかご紹介します。

■アスパラのツナマヨサラダ     

■アスパラのさっぱりマリネ         

■アスパラわかめのおかか和え    

■アスパラのごまみそ和え      

■アスパラと新玉ねぎのサラダ

■海老とアスパラのチリサラダ

■アスパラとハムとコーンのマカロニサラダ

もし畑で収穫してすぐのものだったらそのまま塩やマヨネーズをつけて食べるのもいいのではないでしょうか。

 

生のアスパラに栄養はあるの?

生のアスパラの方が加熱をしたものより断然栄養があります。

加熱をすることによって栄養成分のビタミンは壊れてなくなってしまうんです。

 

まとめ

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=””]

アスパラは生で食べられる。

アスパラの選び方は色が濃い緑色で穂先が引き締まっていて切り口がみずみずしいものを選ぶ。

アスパラは生で食べる方が栄養がある。

アスパラを生で食べる時はサラダが一番。

[/st-mybox]

春野菜の代表的な存在であるアスパラですが、意外に生で食べられると思っていない方は多いようです。栄養成分も豊富に含まれていますので、おいしく食べてみてくださいね。

 

[st-midasibox title=”あわせて読みたい” fontawesome=”fa-check-circle faa-ring animated” bordercolor=”#FFC107″ color=”” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

アスパラの栄養や保存方法、下ごしらえについてのまとめ記事!

[/st-midasibox] [quads id=1]

 

コメント