アスパラ 野菜

アスパラを炒める時の下ごしらえは?茹でる?皮剥く?

 

アスパラを調理するとき下ごしらえはした方がいいのか?もしするのであれば茹でるのか?はむくのか?などと悩んだことはないですか?そのまま調理してもいいですが、やはりひと手間かけてあげるとよりおいしくなりますよ。

ということで今回はアスパラの下ごしらえの茹で方や皮の剥き方などについてまとめました。

スポンサーリンク

 

アスパラを炒める時の下ごしらえはいるの?

 

アスパラの下ごしらえは必要です。

その理由はアスパラがよりおいしく食べれるからです。

 

では下ごしらえはどのようなことをするのかというと、

下ごしらえの方法

皮を剥く

茹でる

カットする

 

アスパラって旬はあるの? → アスパラの旬は?

 

皮をむく

1.根元から軽く包丁を入れていって包丁がスッと入るところで切り落とします。

2.切り落とした部分は捨てます。

3.残った部分の1/3位のところは繊維が硬いので、ピーラーで皮を少し色が変わる程度剥きます。

注意

皮をむく時は力を入れ過ぎないようにしましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

茹でる

茹でる方法は2つです。

●お湯につけて茹でる。

●電子レンジで加熱する。

 

フライパンの中に入れて茹でる場合は、お湯になるまで待ってからアスパラを入れるようにします。そうしないとアスパラの食感が悪くなるのと、折角の栄養がなくなってしまうからです。

アスパラに含まれる栄養成分は水溶性のものが多く長く茹ですぎてしまうと、流れ出てしまうんです。もちろん茹で汁まで捨てずに料理に使うのであれば、問題ありません。

根元側をお湯に浸して10秒経ったら徐々に全体を入れていくようにします。

そうして1分30秒ほど茹でたらアスパラを取り出します。

必要に応じて色止めのため、冷水で冷やしてあげましょう。

 

電子レンジで加熱する場合は、長いままのものよりも切ってから加熱した方が扱いやすいです。

耐熱皿に入れてラップをかけて1分ほど加熱すればOKです。

お湯で茹でる場合と同様、必要に応じて色止めのため、冷水で冷やしてあげましょう。

 

どちらが時間が短くて済むかは明らかだと思います。そうです電子レンジで加熱した方が時間が短くて済みますのでアスパラの鮮度を保ったまま調理できるので便利です。

電子レンジが登場してから料理の時間が短縮されましたし、料理の幅も広がったのではないでしょうか。

アスパラって栄養あるの? → アスパラの栄養や効果効能は?

カットする

調理する料理に合わせて切り方を変えてあげるといいです。

 

●炒め物など・・・・・・>一口サイズの斜め切りや乱切り

●きんぴらや味噌汁・・・>千切り

●天ぷら・・・・・・・・>切らずにそのまま

 

アスパラのハカマと呼ばれる穂先の方にある三角形の部分を取り除く方もいらっしゃいますが、個人的にはそのままの方が見た目にも綺麗ですし、歯ざわりも気になりませんので好きです。

 

まとめ

 

アスパラの下ごしらえは必要。

アスパラの下ごしらえは「皮を剥く」「茹でる」「カットする」

アスパラの根元部分は薄く皮をむく。

茹でるときは時間をかけすぎない。

茹でた後、色止めに冷水で冷やす。

 

アスパラの根元の皮を剥かないと食べた時にスジがあるみたいで、とても食感が悪いです。ちょっとしたひと手間かけるだけでおいしく食べれますので手を抜かないようにしたいですね。

皮を剥いてから茹でても皮のまま茹でてもどちらでも大丈夫です。料理の前の下ごしらえ大切ですね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-アスパラ, 野菜

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.