赤木俊夫さんの妻昌子はどんな人?遺書を公開した理由がヤバイ!森友改ざんで国と佐川宣寿を提訴!

森友学園と文書改ざん

2018年3月7日、森友学園を巡る問題で近畿財務局の職員だった赤木俊夫さん(54才)が文書改ざんに関わった責任をとり、自ら命を絶ちました。

2年後の2020年3月18日、赤木さんの妻昌子さん(仮名)が国と佐川宣寿を相手に1億1000万円の損害賠償を求めて大坂地裁に提訴。

赤木さんの妻昌子さんはどんな人で遺書を公開した理由は何だったのか、なぜこのタイミングだったのかについて迫ってみました。

 

赤木俊夫さんのプロフィール

赤木俊夫さんのプルフィールは次のとおりです。

名前:赤木俊夫(あかぎ としお)

生年月日:1963年3月28日

年齢:54才(享年)

趣味:書道・音楽鑑賞・落語・読書

出身大学:立命館大学法学部

職業:近畿財務局上席国有財産管理官

出身地:岡山県

岡山県の高校を卒業後、当時の国鉄に就職したが1987年の分割民営化で中国財務局に採用される。

その後立命館大学法学部(当時あった夜間コース)に進学するため、近畿財務局京都財務事務所に移った。

 

赤木俊夫さんの妻昌子さん(仮名)はどんな人

赤木さんの妻昌子さんがどんな人なのかを表す出来事が赤木さんが亡くなって半年ほどした時のエピソードに集約される。

大阪日日新聞記者である相沢冬樹氏と2018年11月27日に大阪梅田の喫茶店で会ったときのこと。

昌子さんはご主人の手記を相沢記者に見せたのだが、本当は「それを渡してそのままご主人の後を追うつもりであった」と後に相沢記者は知ったと語っている。

また、ご主人が改ざんに手を染めて心神喪失状態で自宅で療養中も、職場から何度もメールを送り様子を伺うほど赤木さんを支える献身的な奥さんであった。

そうした昌子さんの優しい気遣いは、夫である赤木俊夫さんの人柄がそうさせていたに違いない。

それほど赤木俊夫さんは心の温かい人だったと思える。

森友問題と文書改ざんについてわかりやすく!関与した人物についても!

 

財務省文書改ざん事件の経緯

森友問題での文書改ざんにいたる経緯を時系列でみると次のようになります。

  • 2017年2月8日 朝日新聞報道により森友問題発覚
  • 2017年2月17日 国会で安倍総理が「私や妻がかかわっていたなら議員を辞める」と発言
  • 2017年2月24日 佐川元国税庁長官が「交渉記録ない」「廃棄した」と発言
  • 2017年2月26日 1回目の改ざんが始まる
  • 2017年3月7日 文書修正作業が複数回あり赤木さんは抵抗するものの手を貸してしまう

文書改ざんをすることになった一番の理由は安倍総理の国会での発言。

「もし私や妻がかかわっているとしたら、総理大臣はおろか国会議員もやめる」

ここから歯車が狂ったといわれています。

さらには佐川元国税庁長官の「廃棄した」発言。

そこから佐川元国税庁長官の発言にあわせるべく、資料の作成が始められたのです。

 

赤木俊夫さんの妻昌子さんが遺書を公開し訴訟に踏み切った理由は?

赤木さんの妻昌子さんが提訴に踏み切った理由はなんだったのか?疑問に思うところです。

まず提訴に踏み切った理由からみてみましょう。

  • 近畿財務局の対応への不信感
  • 真実を知りたい

近畿財務局の対応については、直属の上司だった池田靖統括官が急にもう会えなくなったと昌子さんと距離を置くようになったり、弔問に訪れる財務局の職員の横柄な赤木さんの死をなんとも思わないような態度にあった。

楠管理部長が自宅にきて「遺書があるならみせてほしい」といってきたり、財務省職員が「麻生大臣が墓参りに来たい」といっている。

と電話があり、昌子さんは「ぜひ来て欲しい」と答えていた。

そう問い合わせてきたにもかかわらず、なぜか昌子さんの兄に「マスコミの対応が大変なので」と一方的に電話で断りを入れていたのである。

そうした事情も知らずに麻生大臣が国会で「遺族が来て欲しくないといってるので伺ってない」と答弁していたことにも相当な不信感を抱かざるを得なかったのだと思われます。

さらに追い討ちをかけるように、赤木さんが信頼していた池田靖統括官が距離を置くようになったのも、財務省からの指示によるものであると思われる。

森友学園への土地売却事案は池田靖統括官の担当だった。

その改ざん仕事を赤木さんが手伝ったことが、発端であったわけで、赤木さんにとって本来かかわることのなかった事案なのである。

こうした赤木さんの死によって守られた近畿財務局の人と思えない、不誠実な振る舞いに耐えかねた昌子さんが提訴に踏み切ったと考えられます。

森友問題と文書改ざんについてわかりやすく!関与した人物についても!

 

赤木俊夫さんの妻昌子さんが提訴したのはなぜこのタイミングだったのか?

相沢記者と初めて会った時に、赤木さんの手記を渡して自ら命を絶とうとしていた昌子さん。

しかしそれを思いとどまり、今日にいたったのは赤木俊夫さんと仲が良かった池田靖統括官や近畿財務局の同僚から、真相を聞けると思っていたからだと思います。

しかしその思いがかなわず、あまりにもひどい仕打ちの数々に嫌気が差したのでしょう。

「もうこれ以上うやむやにしたくない」

「トシ君が報われない」

その決意がご主人が亡くなって2年後である今年、強くなったからではないでしょうか。

 

赤木俊夫さんを突き離した人事異動

2017年6月23日内示の日

上司の池田靖統括官から「動かしてもらえるよ」と事前に伝えられていた赤木さんはこの日を心待ちにしていたはずである。

ところが、池田氏とその他の職員はすべて異動してしまい、赤木さんだけが取り残されてしまったのです。

そしてまったく交渉に関わってなかった森友学園との土地売却事案を引き継がなければならなくなったである。

さらにそれまでの交渉資料はすべて廃棄されていて残っていませんでした。

そうして特捜部の捜査を受けることになり、その結果精神状態が不安定になり7月中旬から休職を余儀なくされたのです。

 

赤木俊夫さんの口癖は「僕の契約相手は国民です」

「僕の契約相手は国民」

これは常々赤木さんが口にしていた言葉です。

公務員は公僕であり、国民のために働くのが仕事のはずです。官僚も国会議員もそうではないでしょうか?

改ざんという犯罪の原因発言をした安倍総理、真摯な対応を怠った麻生大臣、改ざんを指示した佐川宣寿元国税庁長官。

そして時は公人、またある時は私人である安倍明恵夫人。

安倍総理は森友問題に関して「丁寧に説明していく」と語っていましたが、何一つ具体的な事実を述べることはありませんでした。

森友問題と文書改ざんについてわかりやすく!関与した人物についても!

 

権力によって正義が歪められる世の中でいいのだろうか?

子供には多くの親が悪いことをしたらちゃんと謝りなさい。

そう教えていると思います。

ですが、大人の世界ではなぜかどうすれば隠しとおせるか?と不正を認めず、真っ先に隠すことばかり考えるようになるのは何故なのでしょう。

そして、国会議員は国民の代表であるはず。

その国民が望んでいることをわかっていながら、あからさまに無視し続ける呆れた対応。

日本は民主主義国家であるはずなのに、いつしか権力によって正義が歪められてしまう独裁国家に変わってしまったのだろうか。

どんなに社会的地位が高くなったとしても、目を向けるべきは国民であると思う。

そう望みたい!

コメント