アボカド 果物

アボカドが固いとき柔らかくするには?

 

アボカドを買ってきたら固くて固くてどうしたらいいんだろう?なんていう状況にあったことありませんか?暑い時だったらすぐに追熟できますけど寒い時はなかなか追熟できません。そんなとき知ってると便利なアボカドを柔らかくする方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

 

アボカドが固いときに柔らかくする方法

  • リンゴと一緒に袋に入れる
  • 冷蔵庫の上に置く
  • 電子レンジで加熱
  • こたつに入れる

リンゴやバナナと一緒に袋に入れる

リンゴやバナナとアボカドを一緒に紙袋かビニール袋に入れてそのまま常温でおいておくだけです。果物は収穫後にも呼吸をつづけていてこの時に放出されるのがエチレンガスなんです。

野菜や果物はエチレンという食物ホルモンによって生長し熟成されていきます。ですのでどんなものでもエチレンガスを放出しているんですが、中でもリンゴはその量が多いんです。

注意していただきたいのは他の野菜と一緒にリンゴを冷蔵庫などに入れてると、エチレンガスによって野菜を早く傷ませることにもなります。

 

冷蔵庫の上に置く

アボカドを冷蔵庫の上に置いておくだけです。冷蔵庫はもちろん食品を冷やすところですが、でもそれは中の役割ですよね。冷蔵庫の外側は触ってみるとわかりますがほんのり温かさを感じるはずです。

その温度は約20度くらいですのでアボカドを柔らかくするのに適しているんです。

 

電子レンジで加熱

電子レンジを使う方法が一番早くて簡単ではないでしょうか。半分に切って種を取り除いたアボカドを皿に切り口を上にしてのせて、サランラップをかぶせます。

そしたら1分間加熱してあげると出来上がりです。

トロっとした食感でなくホクホクした感じになるのでまた違った食感が楽しめますよ。

 

こたつに入れる

冬に限り使える方法です。丸のままのアボカドを新聞紙に包んでこたつの中に2日間ほど入れておくと追熟出来ます。

残念ながら僕のとこではできません。こたつがないから・・・

 

 

固いアボカドを美味しく食べるには?

固いアボカドをおいしく食べるには「加熱する」ことです。

加熱すると固いアボカドでも柔らかくなりますので、焼く・炒める・揚げることでおいしく食べることができるんです。

皮を剥いてスライスしたら焼き目が少しつくくらいまで焼くと、外はカリッと中はトロっとした食感が楽しめます。ベーコンを巻いたりしてちょっと工夫するとよりおいしくなります。

グラタンの具材にさいの目に切ったものを入れるのもいいですね。

アボカドの天ぷらはとろけるカボチャのようで絶品ですよ。

アボカドは世界一栄養価の高い果物ですが、加熱してもその豊富な栄養が失われませんのでそこもありがいたいですね。

 

 

まとめ

固いアボカドを柔らかくする方法はリンゴと一緒に入れる・冷蔵庫の上に置く・電子レンジを使う・こたつに入れる

固いアボカドを柔らかくするには電子レンジが簡単で早い

固いアボカドをおいしく食べるには加熱する

アボカドの栄養は加熱しても失われない

アボカドを買った後こんなに固いと思わなかった。と残念がることはありません。今回ご紹介したやり方で柔らかくしたり、固いまま加熱して調理することでおいしく食べることができます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

アボカドの栄養や保存、食べごろや効果的な食べ方などのまとめ記事!

  スポンサーリンク

続きを見る

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-アボカド, 果物

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.