アボカド 果物

アボカドのカロリーと糖質は?効果的な食べ方と選び方!

 

アボカドは森のバターといわれるほど栄養価の高い果物ですが実際のカロリー糖質はどのくらいあるのでしょう。また、より効果的にアボカドの栄養を吸収出来る食べ方やアボカドの選び方についてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

 

アボカドのカロリーと糖質は?

アボカドのカロリーは100gあたり187kcalです。

1個あたりに換算するとアボカド1個は約200gですので、カロリーは374kcalとなります。

ではさらにわかりやすいように他の果物と比較してみましょう。

種類 カロリー(100gあたり)
アボカド 187kcal
バナナ 86kcal
ぶどう 59kcal
キウイ 53kcal

 

ちなみに果物の平均カロリーは61kcalです。こうしてみるといかにアボカドのカロリーが突出しているかがよくわかるのではないでしょうか。

このアボカドが高カロリーである要因は脂質が多いことに起因しています。ただしアボカドの脂質は悪玉コレステロールを減らしてくれる不飽和脂肪酸ですので、体に付きやすい飽和脂肪酸ではないのでその点は安心ですね。

 

糖質はどうなんでしょう。

アボカドの糖質は100gあたり0.9gです。

これをアボカド1個あたりに換算すると1.8gとなります。

ではカロリー同様、他の果物と比べてみることにしましょう。

種類 糖質(100gあたり)
アボカド 0.9g
バナナ 21.4g
ぶどう 15.2g
キウイ 11g

 

果物の平均糖質は13.5gですのですし、他の果物と比べてみても糖質はかなり低くなっていますね。

これは「糖質=炭水化物-食物繊維」で糖質は算出されるので、アボカドには食物繊維が豊富に含まれているからこのように糖質が低くなってるんです。

高カロリーで糖質が少なく食物繊維が豊富なアボカドは、太りにくい食べ物といっても過言ではないのではないでしょう。

ではアボカドの栄養成分をより効果的に吸収できる食べ方についてみていくことにしましょう。

スポンサーリンク

 

アボカドの効果的な食べ方

  • アボカドを納豆に入れる
  • リンゴとアボカドのヨーグルトスムージー
  • アボカドを味噌汁に入れる

納豆・ヨーグルト(善玉菌)+アボカド(水溶性食物繊維)の効果でより腸が元気になります。このように発酵食品と組み合わせたり食物繊維を多く含むものと合わせることで、腸をきれいにしてくれますので、より効果的に栄養の吸収ができるわけです。

 

アボカドの選び方

おいしいアボカドの選び方は3つの点に注意してください。

ポイント

  1. 皮の色
  2. 硬さ
  3. ヘタの状態

皮の色は茶色や茶褐色のものを選びます。緑色の場合はまだ完熟いしていないので食べてもおいしくありません。

硬さは指でなく手の平でそっと包むように感触を見てみます。この時目安になるのはナスくらいの弾力があれば食べ頃です。

最後にヘタの状態ですが、ヘタと実の間にすき間があいている(ヘタが浮いている)ものを選ぶようにします。中の水分が抜けていき熟していくとヘタが浮くようになるからです。

また、ヘタが付いてない(取れてる)ものはそこから傷んでいる可能性がありますので、選ばないようにしましょう。

 

 

まとめ

アボカドのカロリーと糖質は100gあたり187kcalと0.9g

アボカドの糖質が低いのは食物繊維が多いから

アボカドの栄養をより効果的に吸収するには発酵食品や食物繊維を多く含むものと組み合わせる

アボカドの選ぶ時は皮の色・硬さ・ヘタの状態を見る

アボカドは高カロリー低糖質な果物だということがわかりました。だからといってもちろん食べ過ぎるのはよくありませんので1日1個を目安にしてください。アボカドを好きになっていただけると嬉しいです。

アボカドの栄養や保存、食べごろや効果的な食べ方などのまとめ記事!

  スポンサーリンク

続きを見る

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-アボカド, 果物

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.