アボカド 果物

アボカドの保存方法は?食べごろはいつ?

 

アボカド保存で悩んだことはありませんか?追熟が必要な場合の保存方法と食べごろになってる状態の保存方法では違います。アボカドをおいしく食べていただけるための保存方法や食べごろの見分け方についてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

 

アボカドの保存方法は?

 

アボカドの保存方法は3通りです。

  • 常温保存
  • 冷蔵保存
  • 冷凍保存

常温保存

アボカドがまだ熟しておらず表面が緑色していて硬いときは常温保存します。

夏場の常温保存はアボカドをそのまま置いといてもいいのですが、冬場は気温が低いのでそのままだと追熟がなかなか進みません。

そういう場合はバナナやリンゴと一緒にビニール袋に入れて暖かい所に置いておく方法があります。バナナやリンゴはエチレンガスを出す性質がありますので、それによってアボカドの追熟を早めてくれるというわけです。

冷蔵庫の上は適度に温かいのでおすすめですよ。

常温保存での保存期間は完熟するまでになりますので明確な期間はありません。

追熟の温度は20度前後を目安にし、日の当たらない場所を選ぶ。

冷蔵保存

アボカドを冷蔵保存するのは完熟してる場合ですが、その場合でも2通りあります。

  • 丸のまま保存する
  • 半分にカットして保存する

丸のまま保存する場合はビニール袋に入れるか、1個ずつサランラップに包んで少し温度が高い野菜室で保存します。

半分にカットした場合はそのままだとカット面が変色しやすいので、レモン汁や塩水をつけてからサランラップに包んで保存すると大丈夫です。

冷蔵保存での保存期間は3~4日間です。

保存温度が5度以下になると低温障害を起こし黒く傷んでしまいます。

 

冷凍保存

アボカドをカットしていたり長く保存したい時は冷凍保存が適しています。

冷凍する場合もレモン汁や塩水をつけてからサランラップに包んで、フリーザーバックに入れて保存してあげると変色を防ぐことができます。

使用するときは自然解凍して使ったほうがいいですよ。お急ぎの場合は電子レンジを使うのもありですね。解凍したものはディップやソースに、凍ったままのものは味噌汁やスープの具材にむいてます。

冷凍保存での保存期間は約1ケ月間です。

冷凍したアボカドは生のものと比べると食味は落ちます。

 

 

アボカドの食べごろは?

アボカドの食べごろは次の3つの部分をチェックしましょう。

  • 色・ツヤ
  • 硬さ
  • ヘタ

色が茶色や茶褐色をしていて表面にツヤが出てるものが食べごろ(熟している)サインです。緑色しているものはまだ硬くて食べても美味しくありません。

次に硬さですが指でなく手のひらでそっと包んでみてナスくらいの弾力があったら食べごろです。

そしてヘタと果実に隙間があり、ヘタが浮いてる状態になってると食べごろです。ヘタが取れてると既に熟しすぎてる可能性がありますので早目に食べてしまいましょう!

 

 

まとめ

アボカドのは常温・冷蔵・冷凍保存できる

アボカドをカットしたものは変色防止にレモン汁や塩水をつける

完熟したものは冷蔵で硬いものは常温で保存

食べごろは色・硬さ・ヘタをみて判断する

アボカドはその形状や硬さによって保存の仕方が変わってくるんですね。年中食べれるアボカドですがおいしく食べるためには食べごろがわかった方がいいですので、色・硬さ・ヘタを見ることを忘れないでくださいね。

アボカドの栄養や保存、食べごろや効果的な食べ方などのまとめ記事!

  スポンサーリンク

続きを見る

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-アボカド, 果物

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.